【よう実】2年生編9.5巻ネタバレ・感想!坂柳からまさかの告白が!

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。
よう実2年生編9.5巻-min ようこそ実力至上主義の教室へ

「よう実」こと「ようこそ実力至上主義の教室へ」2年生編9.5巻ネタバレ・感想をしていきます。

9.5巻では2年生の冬休み中が描かれます。

軽井沢と関係が悪くなってしまった綾小路はどうするのか?また他のキャラが綾小路の正体に気付き始めるかなり面白い巻となっています。

オレンジ
オレンジ

9巻ではついに一之瀬が本気になったのでクリスマスがどうなるのか楽しみですね。

前巻ネタバレ⇒2年生編9巻ネタバレ・感想!新生徒会長が決定!

注意
・ここからはネタバレを含むのでご注意ください!

\よう実を全巻読むならebookjapan/

ebookjapan 70%OFFクーポン

ebookjapanのおすすめポイント

  • 漫画を中心に80万冊を超える作品数!
  • 初回70%OFFクーポン6回使用可能!
  • 最大30~50%還元になるキャンペーンが毎週開催されている
  • まとめ買いがお得!

もし長期的に電子書籍サービスを利用していくのであればebookjapan一択です!!

他の電子書籍サービスの割引も高いのですが、ebookjapanは他のサービスと比べて割引になる対象作品が多いのが特徴ですほぼすべての作品が割引対象になるので、過去の名作やマイナーな作品も安く手に入れることができます。

オレンジ
オレンジ

今までいろんな電子書籍サービスを試しましたが、ebookjapanが一番お得だと感じました。

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】「よう実」のアニメ2期の続きは原作8巻からとなります。

アニメはカットされてしまったシーンが結構あるので、よう実をもっと楽しみたい方は是非とも原作を読んでみましょう!

\6回使える70%OFFクーポン配布中/

↓ebookjapanでよう実を一番お得に読む方法↓
よう実の小説・漫画が無料で読める?一番安く読む方法を紹介!
よう実のアニメだけを見た方などは、続きのストーリーが気になりますよね。特にアニメでカットされている所や細かいキャラの心情などを知るには原作を読むしかありません。そこで今記事では、よう実の原作を無料で読む方法についてお伝えします!

【よう実】2年生編9.5巻ネタバレ・感想!

ここからは「ようこそ実力至上主義の教室へ」2年生編9.5巻の内容を簡単にネタバレをしていきます。

かなり衝撃的な展開となっているので、ネタバレが嫌な方は読むのをおすすめしません。

それでもいい方のみ読み進めてみて下さい。

12月24日初日

軽井沢と付き合っている綾小路はクリスマスイブの日は当然二人で過ごす予定でしたが、なんと軽井沢がインフルエンザにかかってしまったことで一人寂しくクリスマスを過ごすことになります。

するとそこに一之瀬からメッセージが届きます。

『おはよう綾小路くん。軽井沢さんがインフルエンザだって聞いたけど大丈夫?』

一之瀬は軽井沢が病気であることを聞きつけ、そして何となくクリスマスイブの予定を綾小路に聞きます。

綾小路は入会したばかりのジムに行くと言い、偶然一之瀬もジムに行く予定だったことから「私もジムに行ってもいい?」と綾小路に許可を取ります。

綾小路は「ジムで会ったらよろしく」とだけ伝えジムへと行くことにします。

ジムのトレーニングルームにて

綾小路がジムへ行くと、ベンチプレスをしているAクラスの担任である真嶋先生の姿がありました。

真嶋先生はジムに入会した綾小路を歓迎して、ジムの器具などについて綾小路にレクチャーをしてくれました。

その後一之瀬と合流して2時間ほど一緒にジムで汗を流し、網倉がジムに顔を出したタイミングで二人は一旦バラバラになります。

そしてジムを帰ろうとした綾小路でしたが、ここで真嶋先生に呼び止められます。

真嶋先生はジムが大好きなのだと思っていた綾小路でしたが、実は真嶋先生がジムに通う理由は身体を鍛える以外にもう一つありした。

それはジムの職員である秋山さんという女性です。

真嶋先生はジムに通う度に見かける秋山さんという女性スタッフに好意を持ってしまったらしく、ここで真嶋先生は綾小路に一つ頼みします。

「…彼女のことを調べて欲しい。できる限り丁寧かつ慎重にだ」

真嶋先生の意外な一面をみた綾小路は、その頼みを渋々ながら受け入れます。

「すぐに行動に移せとは言わない。今日は俺といたところも秋山さんに見られている。冬休み明けでも何でも構わないから、ゆっくりと距離を詰めて調べてくれ」

「一応頑張ってみますが、期待しないでくださいよ。」

その後真嶋先生から解放された綾小路はジムを去ります。

ジムの帰り

ジムを出た後、綾小路は暇だったのでふと普段は行かないレンタルショップに足を運びます。

するとそこに一之瀬クラスに所属する白波千尋が一人で音楽を聴いていました。

「あ、綾小路くん、くんっ!?」

「すなまい。驚かせるつもりはなかった」

不用意に近づいてしまった綾小路は白波に謝って去ろうとしますが、「あの…今から、ちょっとだけ時間ないかな?」と白波から誘われます。

そしてレンタルショップを出て後、二人は休憩スペースで少し話をします。

「綾小路くんは…その、ほ、帆波ちゃんとはどういう関係なの?」

白波は一之瀬と綾小路が付き合っているのかを問いただします。

これに対して綾小路は「友達」ときっぱりと言いますが、恋愛対象として見ていないと言わず曖昧な感じで返します。

「オレと一之瀬の間には今は白波が気にかけているような関係はない」

「…今、は?」

「この先のことは誰にも分らない」

「だとしても、普通の関係だったら今は、なんて付けないと思う…」

白波は彼女がいる綾小路が一之瀬をたぶらかしているのではないかと疑っていました。

「白波を困らせる意図はない。ただこの状況でオレがどんな発言をしても冷静に受け止めてもらえない可能性がある以上は、保険を掛けた言い回しになるのも仕方がない」

「…ごめんなさい。なんか、私凄く言い過ぎてしまったような…」

一応白波は綾小路と一之瀬の間にはまだ何もないことを納得してくれたようです。

その後、白波は綾小路に改めて謝罪をして別れます。

クリスマス

軽井沢がインフルエンザの為、クリスマス当日でも暇だった綾小路はケヤキモールで行われているクリスマスセールで気になっていたヨーグルトメーカーを買いに行こうとしていました。

ただしかし、残念なことに先に購入されて買うことができませんでした。

綾小路は「悔しい…」と思いつつ帰路につこうとしましたが、ここで偶然3年生の鬼龍院と出会います。

綾小路はケヤキモールでヨーグルトメーカーが買えなかったことを話すと、あまりにも普通の高校生活らしい生活を送っている綾小路に改めて興味を抱きます。

「しかしそんなにヨーグルトメーカーが欲しかったのか。その辺の市販品を買った方がよっぽど安上がりで美味しく安全だと思うのだが」

「自分で作って食べることに意義があるんですよ。その機会を失ったんです」

その後二人はしばらく話し込み、3学期の特別試験の話になります。

鬼龍院が2年生の時の3学期の特別試験では退学者が出たと話します。

「これは単なる勘だが、君とはこの学校以外でないどこかで――近い将来再会できる気がしている」

そして鬼龍院は最後に意味深なことを言い、綾小路と分かれました。

一之瀬の写真撮影

鬼龍院と別れた後、ケヤキモールのクリスマスツリーの前でいろんな生徒たちと写真を撮っている一之瀬の姿が綾小路の目に入ります。

どうやら一之瀬は綾小路がここに来ることを予想しており、綾小路と一緒に写真を撮るために1時間以上前から他の生徒を交えて写真を撮っていました。

「ねぇ綾小路くん。私と写真を撮ってくれないかな?」

一之瀬はあくまでも思い出のためにいろんな人と写真を撮っていると説明し、綾小路の承諾を得て2人でクリスマスツリーの前で写真を撮ります。

すると一之瀬がいろんな人と写真を撮っているという噂をかぎつけた七瀬が一之瀬と綾小路に近づいていきます。

「ここで一緒に写真を撮っていると聞きつけて、来ちゃいました」

ただし七瀬の狙いは、一之瀬と一緒に写真を撮ること以外の目的がありました。

「ちょっと待ってください」と二人に言いある方角へと駆けだします。

するとそこには宝泉の姿があり、七瀬は一緒に写真を撮ろうと宝仙を誘いました。

絶対に誘いに乗らないと思っていた綾小路と一之瀬でしたが、案外宝仙は乗り気で一之瀬と写真を撮ります。

「さっきからジロジロみやがって。俺の顔に何かついてるか?」

綾小路はまさか宝泉が写真を一緒に取るとは思わずびっくりしていた所、宝仙は綾小路を睨みながら文句を言い去っていきます。

「実は宝仙くん、一之瀬先輩のこと結構好きなんです。」

「…マジで?」

まさかの宝泉の想い人が一之瀬であるという衝撃の事実を知った綾小路でした。

探り合い

12月26日、ケヤキモールのカフェには堀北クラスの池、須藤、篠原、松下、森、王、前園、小野寺の8人が集まっていました。

このメンバーを集めたのは前園であり『クラスの今後について重要な話し合い』という名目で集まっていました。

前園がこの議題で掲げたのは『綾小路について』です。

「綾小路くんってただの暗めのクラスメイト…じゃないでしょ。隠し事があるっていうか」

前園は綾小路の今までの行動が見て実力を隠していると疑っていました。

  • 軽井沢と付き合っている事
  • 綾小路のOAAが上がっている事
  • 体育祭で見せた足の速さ
  • 満場一致試験で佐倉を切った非情な一面

他にもサバイバル試験で問題をスラスラ解いていたり、前回の特別試験で5問全部正解していたりなど、前園は綾小路が裏でクラスに噛んでいると予想していました。

この答えには全員が納得しており、綾小路が只者ではないという判断になります。

そして今後、綾小路に対してどのように接していけばいいのかの話し合いが行われますが、結局答えは出ず、話は平行線のままとなります。

坂柳との一日

12月26日、前園たちが綾小路の噂をしている中、綾小路は家の掃除を終わらせて夕方にはクリスマスケーキの売れ残りがあるかどうかを確かめるためにケヤキモールでケーキを見に行きます。

ただし既にケーキは完売しており、少し残念な気持ちになりながら手ぶらで帰ります。

家に帰った後、一本の電話が綾小路の下に掛かってきます。

電話の相手は坂柳であり、急遽部屋に坂柳が来ることになりました。

部屋に来た坂柳は「一緒にケーキを食べよう」という名目で綾小路とケーキを食べながら話し込み、しばらくして「これから少しだけ、外を歩きませんか?」と綾小路を誘います。

「それでオレを夜の散歩に誘った理由は?何か話したいことがあるんだろ?」

綾小路は率直に坂柳に話を振ります。

「綾小路くんから見て今のAクラスはどんな風に見えますか?」

まさかの質問に驚いた綾小路でしたが、綾小路は率直な意見を坂柳に話します。

「おまえは自分に自信を持っている。確かに他クラスのリーダーたちと比較しても、頭一つ抜けた能力を持っているのは事実だ。だが、だからこそクラスメイトとの関係構築には今一歩出遅れている印象を受ける」

コントロールはできているが、それは単に操っているだけだと印象が綾小路にはありました。

「それは不要でしょう。私は感情を抜きに判断したいのです。他人に近づきすぎれば情も湧いてしまう。可愛がったペットを切り捨てる時、迷いは弱さに繋がりますから」

「それもお前の自由だ」

坂柳の言うことも決して間違いではないので、綾小路はそれを否定はしませんでした。

そしてしばらく二人で話した後、「散歩は終わりしましょう」と坂柳が提案したので途中で別れることになります。ただし綾小路が別れの挨拶をしてしばらく歩いた後、後ろから「綾小路くん」と優しく坂柳から呼ばれます。

「あなたに伝えておきたいことがあります。その位置で聞いて頂けますか」

「やっぱり、まだ本題は残っていたんだな」

10メートルにも満たない距離。

坂柳は勇気を持って綾小路に伝えます。

「私はあなたを好きになっている」

坂柳は「これは人間としてではなく、異性としての感情です」と加えて説明し、綾小路からは答えは求めず「覚えておいて欲しい」とだけ伝えます。

そんな綾小路は坂柳に一つだけ言葉を残します。

「これでも、多分おまえが思っている以上に坂柳を評価している。だからこそ聞きたい。その感情を弱さでなく、強さに変えられるか?」

「愚問ですね」

龍園との一日

12月28日、綾小路の下に見覚えのある番号から電話がかかってきます。

『この後ちょっと顔を貸せ。30分後にケヤキモール北口だ』

それは龍園からの電話であり、用件だけを伝えたあと一方的に電話を切られます。

見過ごすわけにもいかない綾小路は龍園の呼び出しに応じて待ち合わせ場所に行くとそこには葛城の姿もありました。

どうやら葛城も龍園と同じく呼び出されたようで、呼び出された理由は聞いていないとのことでした。

そしてしばらく二人で待った後、遅刻した龍園が登場します。

「面白い話を3年の連中から聞いた、それを共有してやろうって話だ。どうやら3学期は同学年でぶつかるデカいヤマが控えているぜ、ってな」

当然、学期末試験のことだろうと葛城は言いますが、龍園はその学期末試験の前にも退学者が出るような試験が待ち構えていると言います。

そしてこの話しは、綾小路も先日鬼龍院から聞いた話しであることを思い出します。

「テメェも何か聞いたのか?綾小路」

何かを察した龍園は綾小路に問いただし、綾小路は先日鬼龍院から同じようなことを聞いたと龍園に話します。

「単なる偶然…もしくは――意図的にこの時期に情報が出るように学校側がコントロールしているか、だろうぜ」

学校側がなぜこのようなことをしたのかは分かりませんが、とりあえず龍園は3学期に行われる特別試験では坂柳クラスをターゲットするから邪魔をするなと綾小路に伝えます。

葛城はわざわざ実力のある坂柳クラスを敵に回すことに反対をしましたが、龍園が葛城のいうことを聞くわけがありませんでした。

「話し合いは終わったとみていいな?これ以上は平行線だろう」

葛城はここで解散を提案し、綾小路はここで別れを告げて龍園とは反対方向に去っていきます。

軽井沢との仲直り

一ノ瀬に関することで軽井沢と揉め、しかも軽井沢がインフルエンザにかかってしまったことでしばらく距離を置いてしまった綾小路は軽井沢のインフルエンザが治った後、久しぶりにデートをすることになります。

「ひ、ひさし、ぶり…」

「だな。こうして2きりになるって意味じゃ3週間くらい空いたか」

今までは自然と距離を詰めていた軽井沢でしたが、ちょっと時間が空いてしまったことと一之瀬のことが気になっていたので、いつもの感じで綾小路に接することが出来なくなっていました。

とりあえず二人はケヤキモール内に入り、既にクリスマスツリーが撤去されていた空間へと行きます。

「とりあえず、一之瀬の件ですれ違いが起きたこと、謝らせてほしい」

「…清隆…」

綾小路は頭を下げて軽井沢に謝ります。

そして綾小路はあらかじめポケットに入れていた箱を取り出して軽井沢に渡します。

「遅くなったがクリスマスプレゼントだ。受け取ってほしい」

軽井沢が箱を開けるとそこに入っていたのはネックレスでした。

「あたし…清隆にこれが欲しい、って言ったっけ…!?」

「直接聞かなくても分かる。何度も携帯で検索してたところは見てたしな。他にもいろいろ見てきたが、これだけは特別な感じがした」

そして軽井沢は周りに人がいるかもしれないことを構わず、その場で泣き出して喜びます。

「これ、夢じゃない…よね!?」

軽井沢は一之瀬のこともあって、もしかしたら綾小路にフラれてしまうのではないかと怯えていたようでしたが、プレゼントをもらったことで完全に復活しました。

「もう本当に、元通りってことで…いいんだよね?」

「ああ、元通りだ」

こうして綾小路と軽井沢のすれ違いは解消して普段通りに戻ります。

年明けの学校

1月4日、綾小路は学校の図書館へと一人で行くことにしました。

するとそこには椎名ひよりがいて、綾小路はひよりと挨拶をした後、ひよりにオススメの本を選んで貰うことにします。

推理小説を所望した綾小路に対して、ひよりはいくつかオススメの本を選んで綾小路に渡します。

「ところで…推理小説とは関係ないのですが…作家の『かみないつし』が書かれた作品は読まれたことがありますか?」

「かみないつし?いや、著者の名前にも聞き覚えがないし、多分読んだことはないな」

「無理もないですよ。全然無名で、今も昔も売れていない作家ですから」

どこかおかしそうに笑って答えるひよりはオススメの本を綾小路渡した後、図書館から出ていく綾小路を見送ります。

ところが綾小路が廊下を出てほどなく、ひよりが慌ただしく追いかけてきます。

「これ――――」

ひよりはブックカバーがかけられた本を綾小路に渡します。

「私のお気に入りの本なんですが、良かったら読んでみてもらえませんか?」

「もしかして、さっき聞いてきた著者の本だったり?」

「やっぱり分かってしまいますか?」

ひよりはそう頷き、一冊の本を綾小路にプレゼントしました。

その後、自宅へと帰宅した綾小路は早速ひよりからプレゼントされた本を読みます。

すると本に挟まれていたしおりに気付きます。

しおり自体は普通ですが、柄がクリスマスをイメージした柄だったのを確認して、この本はクリスマスの前に勝った本だったと気付きます。

「結構重たいものを貰ってしまったのかも知れないな」

変わっていく関係

冬休みも残り二日。

軽井沢との関係も修復した綾小路ですが、今日は軽井沢から許可を取って先日ひよりからプレゼントされた本のお礼をすることにしました。

「今日は誘ってくれてありがとうございます」

「毎日図書室に籠りっぱなしじゃ、せっかくの冬休みが勿体ないからな」

綾小路はひよりを誘ってケヤキモールへと来ています。

ただここで綾小路とひよりを見かけたAクラスの神室が声をかけてきました。

「新年早々、随分と派手なことやっているみたいね」

神室は先日、綾小路が軽井沢と仲直りをした後、すぐに違う女性と一緒にデートをしていたことを詰めてきます。

綾小路は軽井沢には許可を取っていると説明して、ひよりも友達として誘っていただいただけと説明しますが、神室は納得はしていないようでした。

「わざわざそんなことを忠告しに来てくれたのか?」

「本題はこれから。あんたには確認したいことが他にある」

ただここで、さらに新たな人物が登場します。

それはAクラスの橋本と鬼頭です。

「椎名ちゃんに神室ちゃんとは、綾小路もお目が高い。な?鬼頭。」

神室は橋本に対して怒りをあらわにしますが、橋本は気にせず「良かったら一緒に遊ばせてくれよ」と綾小路たちに頼みます。

「ひよりが良いならオレは反対する理由も特にない」

「楽しそうでいいですね。神室さんたちとはお話ししたこともほとんどありませんし」

こうして急遽、5人で遊ぶことが決まりました。

ただし趣味の合わない5人が納得する場所が見つからず、結局はカフェで雑談をすることになります。

しばらくは橋本を中心に談笑をしていましたが、ここで橋本が今回綾小路を誘った本命を切り出します。

「俺は、いや俺たちAクラスはおまえが気になって仕方ないんだよ」

「何故」

「言わなくても分かるだろ?勉強はできるわ運動もできそうだわ、一之瀬に相当好かれてるようだし?あの龍園と臆さずに話せる。挙句の果てに姫さんと結構仲が良さそうだわ――――普通じゃないだろ」

これまでの綾小路の行動をすり合わせて、橋本は綾小路の本心を訊きます。

「Bクラスの躍進。堀北の影で暗躍している真のリーダーはおまえ―――そうだよな?」

この質問に対して、綾小路は「もしそうだとしたら?」と曖昧に答えます。

肯定もせず、否定もしない答えで綾小路は橋本を困らせます。

そして橋本は逆に椎名は綾小路をどう思っているのかを尋ねます。

「橋本くんは、このお話を通じてどうされたいのかな、と思いました。」

痛い所を突かれた橋本でしたが、これに対して橋本は正直に答えます。

橋本の目的はAクラスで卒業すること。

そのために実力のある綾小路をAクラスに引き入れるつもりでした。

「示してくれよ綾小路。おまえが俺たちAクラスに強さを証明してくれたなら、クラスポイントを使って引き抜いてやる。そうすればおまえは今よりも優位に立てる。だろ?」

坂柳の許可は取っていませんが、橋本は十分チャンスがあると踏んで話します。

「今すぐAクラスに連れて行ってくれるなら前向きに検討したい」

「オーケー・意思確認は問題ないと。なら次の段階に進めそうだな」

橋本は楽しそうに笑いますが、ここで神室が立ち上がります。

「勝手に話を進めてるけど、私はあんたの暴走に関与しないから。じゃあね」

「あ、おい神室ちゃん帰る気かよ」

橋本は神室を呼び止めるもこの場を去ってしまい、この場は終わってしまいます。

帰り道

橋本たちAクラスの3人と別れた後、綾小路とひよりは本屋に寄って色々と意見を交わして帰ることになりました。

「すごく楽しい一日になりましたね」

今日あった感想を話して帰路につく二人でしたが、だんだんと口数が減っていきお互い無言になっていきます。

そしてあと半分で家につくタイミングでひよりからある告白がありました。

「この間プレゼントした本。あの本は…私のお父さんが書いた本なんです」

「ひよりの?―――あぁなるほど。とすると著者の名前はもしかして本名を?」

「凄いですね。分かったんですか?」

椎名のお父さんの名前は「椎名かつみ」というようで、著者の「かみないつし」のアナグラムです。

このことから綾小路はひよりが何で本が好きなのか合点がいきます。

「今まで誰かに、お父さんが作家だなんて話したことなんてありませんでした。同じ趣味のお友達がいなかったのもありますが…それだけじゃないです。綾小路くんにはそのことを、知ってほしかったんです」

その後、ひよりは3学期に行われる特別試験の不安を綾小路に話します。

「クラスは違いますし競い合う関係にはいます。でも…必ず一緒に卒業しましょうね」

「ああ、そうだな」

スポンサーリンク

【よう実】2年生編9.5巻ネタバレ・感想:まとめ

以上、2年生編9.5巻のネタバレでした。

9.5巻は冬休み編ということで、大きな動きはありませんでしたが分かったことも多くあります。

  • 既に多くのキャラが綾小路の真の実力に気付いていること
  • まさか宝泉が一之瀬のことが気になっていること
  • 坂柳からの告白
  • ひよりのお父さんが作家であったこと

などなど。

また記事では書いていませんが、新キャラが登場していたり、鬼龍院の生い立ちが分ったり、Aクラスの山下が綾小路や龍園を尾行していたり、他にも多くのことが9.5巻で明らかになりました。

あと一番重要な軽井沢と綾小路ですが、原作では綾小路視点で今後軽井沢との関係をどうしていけばいいのかが語られていました。

オレンジ
オレンジ

かなり面白い巻となっていたので、是非とも原作を手に取って読んでみて下さい。

次巻のネタバレ⇒2年生編10巻ネタバレ・感想!新たな退学者が意外な人物⁉

スポンサーリンク

「よう実」の原作を読むならebookjapan!

ebookjapan 70%OFFクーポン

「ようこそ実力至上主義の教室へ」の小説や漫画を読むのであれば、電子書籍サービスのebookjapanがおすすめです!!

ebookjapanでは初回登録で6回使用できる「70%OFFクーポン」を貰うことができます。

この「70%OFFクーポン」は1回の割引が500円までとなっているのですが、上手く使えば最大3000円まで割引をすることが可能です。

さらにebookjapanでは毎週最大30~50%OFFになるキャンペーンが開催されています

このキャンペーンとクーポンを組み合わせるとかなり安く原作を手に入れることができます!

キャンペーン時に「よう実」を全巻購入した場合

【よう実】全巻ebookjapan

 

よう実全巻の価格

17,776円8,841円

オレンジ
オレンジ

実際に私は過去に開催していた50%割引キャンペーンで「よう実」を全巻をほぼ半額で手に入れました!

ebookjapanの登録方法はこちら

【よう実】キャラクターまとめ

堀北クラス

綾小路 清隆

堀北 鈴音

軽井沢 恵

櫛田 桔梗

平田 洋介

高円寺 六助

須藤 健

佐倉 愛里

池 寛治

松下 千秋

佐藤 摩耶

長谷部 波瑠加

幸村 輝彦(啓誠)

三宅 明人

篠原 さつき

王 美雨(みーちゃん)

小野寺 かや乃

山内 春樹

一之瀬クラス

一之瀬 帆波

神崎 隆二

柴田 颯

姫野 ユキ

  

龍園クラス

龍園 翔

伊吹 澪

椎名 ひより

石崎 大地

金田 悟

山田 アルベルト

時任 裕也

真鍋 志保

 

坂柳クラス

坂柳 有栖

葛城 康平

橋本 正義

神室 真澄

鬼頭 隼

山村 美紀

3年生

南雲 雅

朝比奈 なずな

鬼龍院 楓花

桐山 生叶

1年生

天沢 一夏

八神 拓也

椿 桜子

宇都宮 陸

七瀬 翼

宝泉 和臣

卒業生

堀北 学

橘 茜

先生

茶柱 佐枝

坂上 数馬

星野宮 知恵

真嶋 智也

月城理事長代行

「よう実」についてまとめているのでよかったら他の記事も読んでみて下さい!