【よう実】神崎の正体を考察!ホワイトルームと関係がある?

ようこそ実力至上主義の教室へ

「よう実」こと「ようこそ実力至上主義の教室へ」に登場する神崎隆二についてネタバレしていきます。

Bクラスでの参謀として一之瀬の右腕的な存在である神崎ですが、アニメでも原作でもそこまで登場は多くないキャラクターです。

何を考えているのか分からない謎の多いキャラであるため、一部ファンから神崎はホワイトルームに関係しているとの考察も出ているほどです。

今回はそんな神崎の行動や今後の考察なども踏まえて解説していきます。

注意
・ここからはネタバレを含むのでご注意ください!
スポンサーリンク

【よう実】神崎について

引用: 衣笠彰梧・KADOKAWA刊/ようこそ実力至上主義の教室へ製作委員会

一之瀬の右腕

神崎は勉強も運動もできる優等生であり、クラスでは参謀的なポジションに位置しています。基本的に一之瀬と共に行動することも多いため、一之瀬の右腕にもなっている存在です。

基本的にクラスの方針は一之瀬に任せており、神崎は冷静な判断をしてクラスの方向性を整えていくような生徒です。

発言力はない

実力トップクラスである神崎ですが、クラスにおける発言力は少ないです。

コミュニケーション能力やクラスをまとめる力に関しては一之瀬の方が高いので、神崎の発言がクラスに影響を与えるようなことはほぼありません。なのでクラスの方針に納得ができない時があったとしても神崎にはクラスを変えるような力はないといってもいいでしょう。

スポンサーリンク

【よう実】神崎の正体

引用: 衣笠彰梧・KADOKAWA刊/ようこそ実力至上主義の教室へ製作委員会

一之瀬クラスの2番手の神崎ですが、実はそこまで登場も多くなく謎が多いキャラでもあります。

立ち位置的にはそこまで重要なキャラではないような生徒であるとも言い切れますが、どこか怪しいところもある不思議なキャラでもあります。

それではそんな神崎の正体についてまとめていきます。

元ホワイトルーム生と考察されている

実は一部のファンから神崎は「元ホワイトルーム生」ではないかとの考察を受けています。

元ホワイトルーム生とのことなので、幼い時だけホワイトルームに所属していましたが、途中脱落してホワイトルームから去った生徒であるという噂が出ています。

その一番の理由となったのが、原作1年生編10巻での一之瀬のこの台詞です。

「大丈夫だよ。神崎君、私に教えてくれたことがあったよね。力を持っているのに、それを使わないのは愚か者のすることだって。だから私なりに考えたの」

一見この台詞は何でもないようなセリフに見えますが、実は原作1巻にて綾小路が物思いにふけるシーンにて、、、

『力を持っていながら、それを使わないのは愚か者のすることだ』思い出したくもないのに、あいつの言葉がオレの頭を過ぎ去った。

この「力を持っていながら、それを使わないのは愚か者のすることだ」というセリフがかぶっているとのことです。

綾小路が思い出していた台詞はホワイトルームにおける綾小路の父の言葉であり、それと同じ発言をした神崎には、何かしらホワイトルームと関係がある考察をされました。

綾小路と似ている

神崎が元ホワイトルーム生であるという理由としてもう一つあるのが、綾小路と似ている部分があるということです。

似ている点として、

  • 学力・運動能力共にトップクラス
  • 交友関係は浅く、コミュニケーション能力は低い
  • 積極性に欠け、消極的な言動な部分がある

確かにホワイトルーム出身の綾小路と比べると似ている部分はありますね。

特にホワイトルームを脱落した生徒としては、ピッタリな性格をしているといってもいいかもしれません。

結論

このような説に対して、個人的な意見をまとめますと。

『幼い時だけホワイトルームにいた可能性が高い』です。

まず根拠となっている「力を持っていながら、それを使わないのは愚か者のすることだ」との発言ですが、著者の衣笠先生が意味もなくこのような発言を入れたことは考えにくいですね。

ですが「ホワイトルームから解放されることがあるのか」といった問題があります。

ホワイトルームは過酷な環境で教育を受けるので、人格が崩壊する人が続出しています。そしてその中でどうやって神崎がホワイトルームから解放されたのかという問題が出てきます。

なので考えられるとしたら、小学生の時にホワイトルームに在籍していましたが、実力が評価されず早々にリタイアしていたパターンです。

これであれば、ホワイトルームという環境で少しだけ育った神崎は、実力はあるが交友関係が乏しいというのにも納得できます。

スポンサーリンク

【よう実】神崎の今後を考察

神崎はそこまで登場をしていないキャラですが、2年生編では少しだけ行動に出ます。

満場一致試験

2年生編の特別試験である「満場一致試験」にて、神崎は今のままではAクラスに上がることができないと感じて、クラスメイトに「今のままのやり方で良いのか?」と投げかけるシーンがあります。

いつも静かだった神崎が初めてのクラスに対して物申しましたが、クラスからの賛同はやられず、神崎は「俺なりに、無理やりにでもこのクラスを変えようと思った。だが、どうやら俺にはその資格…いや実力はないようだ」と言っています。

このことから神崎は今後、クラスに対して積極的に何かすることはないでしょう。

綾小路の行動

気にあるのは綾小路の行動です。

2年生編6巻にて、綾小路がクラス移動をすることが明らかになりました!

まだどのクラスに行くのかやそのタイミングなどは不明ですが、一番有力なのは一之瀬クラスです。そして綾小路が一之瀬クラスへとクラス移動した場合、神崎は綾小路と協力してクラスを引き上げていくことになるでしょう。

またその時に神崎の正体も明かされるのではないでしょうか。

【よう実】まとめ:神崎

以上、神崎についてでした。

まだ謎の多いキャラである神崎ですが、元ホワイトルーム生というのはかなり濃厚な気がしますね。今まではそこまで重要なキャラとして見せてこなかったのは、著者の衣笠先生の布石なのかもしれませんね。

綾小路が仮に一之瀬クラスに移籍したら、神崎と綾小路のタッグが見らるとなると非常に面白い展開となってきますね。

とはいえ神崎の正体について明かされるのはまだまだ先になりそうです。

「ようこそ実力至上主義の教室へ」のネタバレ・考察記事はコチラ

【よう実】キャラクターまとめ

2年Dクラス(堀北)

(1年Dクラス→Cクラス→2年Dクラス)

綾小路 清隆

堀北 鈴音

軽井沢 恵

櫛田 桔梗

平田 洋介

高円寺 六助

須藤 健

佐倉 愛里

池 寛治

松下 千秋

佐藤 摩耶

長谷部 波瑠加

幸村 輝彦(啓誠)

三宅 明人

篠原 さつき

王 美雨(みーちゃん)

2年Cクラス(一之瀬)

1年Bクラス→2年Cクラス

一之瀬 帆波

神崎 隆二

柴田 颯

2年Bクラス(龍園)

1年Cクラス→Dクラス→2年Bクラス

龍園 翔

伊吹 澪

椎名 ひより

石崎 大地

金田 悟

山田 アルベルト

2年Aクラス(坂柳)

1年Aクラス→2年Aクラス

坂柳 有栖

葛城 康平

橋本 正義

神室 真澄

鬼頭 隼

3年生

南雲 雅

朝比奈 なずな

鬼龍院 楓花

桐山 生叶

1年生

天沢 一夏

八神 拓也

椿 桜子

宇都宮 陸

七瀬 翼

宝仙 和臣

卒業生

堀北 学

橘 茜

先生

茶柱 佐枝

坂上 数馬

星野宮 知恵

真嶋 智也

「よう実」についてまとめているのでよかったら他の記事も読んでみて下さい!

よう実原作を読むなら「ebookjapan」!

「ようこそ実力至上主義の教室へ」の原作や漫画をお得に読みたいのであれば、電子書籍サービスであるebookjapanがおすすめです!!

漫画も発売されているので、小説が苦手な方は漫画から入るのもアリです!

初回であれば半額で購入することができます。

ebookjapanのおすすめポイント!

①新規登録で初回50%OFFクーポンが6回使用可能!

②最大50%のポイント還元あり!

③9000作品以上の漫画が読み放題!
電子書籍サービス「ebookjapan」がお得過ぎてヤバい!!
漫画を手軽に読みたい時に利用する電子書籍サービスは、いつでもどこでも読めて便利ですよね。電子書籍サービスはたくさんあって何を選ぶか迷うと思いますが、そんな数ある電子書籍サービスの中でも「ebookjapan」はご存じでしょうか?ebookjapanは電子書籍サービスの中でも、ポイントやキャンペーンが充実しており、他のサービスと比べてもかなりお得に利用することができます!その還元率は最大70%です!今回はそんなebookjapanを最大限お得に利用するにはどうすれば良いのかについてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

コメント