よう実の画集第2弾買ってみた感想とレビュー!特典など内容は?

ようこそ実力主義の教室へ

 

オレンジ
オレンジ

どうもよう実大好きオレンジです。

「よう実」こと「ようこそ実力主義の教室へ」の1年生編が終了し、作画のトモセシュンサクによる画集が発売されました。イラストも内容も濃いので個人的に買ってみた感想とレビューをまとめてみたのでよかったら買ってみてください!

スポンサーリンク

よう実画集第2弾の感想・レビュー

まず個人的に内容もイラストも良くて非常に満足しました。

購入内容としては

・画集(イラスト、対談)
・1年生shortstory(購入特典SS)

この2点が付いてきます!

外観

これは買った時の表紙ですね。帯も付いたままです。

結構大きくて縦30㎝、横22㎝、幅3.5㎝ほどあります。

イラスト(画集)

早速これは画集ですね。表紙とイラストの内容は同じです。

・画集(表)

・画集(裏)

イラストだけで約120ページ近くあります。あとは「トモセシュンサク」×「衣笠彰悟」の対談のページが数ページで全部で131ページでボリュームもあります!

あと少し気になったのが画集の表と裏に描かれている綾小路とヒロイン達ですが…

愛里がいない!!

ってことに気づきました!!

作中でもあまり活躍していないですし、出番も少なくなってきているのでヒロインレースから脱退ということかもですね。代わりにCクラスの椎名ひよりちゃんが入ってきました!

「トモセシュンサク」×「衣笠彰悟」の対談

イラストレーターのトモセシュンサク先生と作家の衣笠彰梧先生の対談です。

全部で11ページ近くあり内容も「よう実」について語られていました。とても濃い内容なので読んでいて楽しかったですね。

1年生編ショートストーリー

画集の他にも購入特典でついてくるSS集があります。

購入特典でしか読めないないようなだけに結構貴重ですね。

内容もボリュームもあり290ページ近くあります。

読んで見ると結構挿絵が多くあり、今まで原作にあった場面での他のキャラの視点などが多く描かれていました。

1年生初めから1年生の終わりまででの時系列で特に最後は綾小路が軽井沢に告白するシーンの軽井沢視点で描かれている所はキュンとしましたね。

恵には幸せになってもらいたいです!!

スポンサーリンク

イラスト紹介

とはいってもメインは画集なのでイラストですよね。

トモセシュンサク先生の絵はどれも素晴らしいのはわかっていますが少しだけ紹介します!

今までの挿絵なども全てあります。

ちょっとセクシーなのももちろんありますよ。

 

ちなみに画集の一番最初のページは坂柳ちゃんのセクシーなポーズが載っていたので見たい方は購入してみてください!

スポンサーリンク

まとめ

どうだったでしょうか?

画集といえどボリュームも内容も良くて満足する内容だと思います!

特にファンの方は購入必須ですね!!

購入はこちらからどうぞ!!

「ようこそ実力至上主義の教室へ」のネタバレ・考察まとめ記事はコチラ↓

【ようこそ実力至上主義の教室へ】ネタバレ・解説・考察まとめ!
ライトノベルでの大人気作、「よう実」こと「ようこそ実力至上主義の教室へ」のネタバレ・解説・考察のまとめページです。 よう実のネタバレや考察などを知りたい方は是非参考にしてみて下さい!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました