【よう実】漫画でも楽しめる!アニメと小説と漫画の違いは?

ようこそ実力至上主義の教室へ
オレンジ
オレンジ

どうも「よう実」大好きオレンジです。

「よう実」こと「ようこそ実力至上主義の教室へ」の漫画について書いていきたいと思います。現在の巻数や小説(ライトノベル)、アニメとの違い、漫画の評価などをまとめてみました。原作はライトノベルがメインではありますが、漫画には漫画の良さもあるので漫画でも「よう実」を楽しんでいただければと思います。

スポンサーリンク

漫画の出版社

一乃ゆゆ(漫画)

衣笠彰梧(原作)

トモセシュンサク(キャラクター原案)

KADOKAWA 月間コミックアライブより2016年3月号から連載開始。

月間コミックアライブといえば有名なとこだと「Re:ゼロから始める異世界生活」や「のんのんびより」の漫画を連載している月刊誌ですね。

スポンサーリンク

現在は何巻まで

現在は漫画は10巻まで発売されています!

原作だと4巻の「船上特別試験」が終了したところですね。なので丁度アニメの続きを現在連載されています。ちなみにアニメの続きからとなると7巻からです。

スポンサーリンク

小説、アニメとの違い

ストーリーの内容はほとんど原作のライトノベルと同じです。

小説との違いは

  • 作画が違うので小説のトモセシュンサクさんの絵ではないです。
  • 若干のカット部分がある。
  • 連載の進行スピードが遅い。

などですね。

まず絵が違います。とはいっても見にくいというほどではありません。ちゃんとキャラの特徴も描かれてるのでストレスもなく読めるのではないでしょうか。

漫画「ようこそ実力主義の教室へ」1巻

漫画「ようこそ実力主義の教室へ」1巻

また漫画だと重要な部分でないところはカットされているところが多々ありますね。よう実の全てを知りたいと思う方は小説を読んだほうがいいかもです。

そして連載のスピードはどうしても遅いです。小説は大体4か月で1巻発売されるのに対して漫画は半年に1巻発売されるペースです。しかも漫画だと約3巻分が小説の1巻分なので、今後「よう実」を全て漫画化するとなると何十年か先になりますね。

ただ漫画ならではの良さもあります。

小説では描かれていないキャラの絵が見れることです。

特に「船上特別試験」では綾小路達のグループにいたAクラスの町田やCクラスの真鍋などもキャラとして描かれているのは魅力ですね。「よう実」はとにかくキャラクターが多いので、小説では描き切れないキャラクターも存在します。

あと強いて言うのならアニメだけしか知らない人は綾小路の最初の性格が少し違うことに引っかかるかもしれません。これは原作の小説でも同じです。アニメ版だと少し原作の改編をしているところがあります。

原作改編について知りたい方はコチラをチェック!

アニメ原作改編で炎上に!7話のプール会が原因か?

 

漫画「ようこそ実力主義の教室へ」1巻

アニメだと絶対にこんなことは言わないですよね。

アニメ版だと無気力・無感情なキャラとして描かれていますが、原作での序盤の綾小路は高校生らしい感情がまだ備わっていて素直に感情を言葉にしたり、友達を必死に欲しいと思っていたり、堀北に冗談を言ったりなどもしています。原作では徐々に綾小路が変わり始め現在のような無気力・無感情のキャラになっていきますが、アニメ版だと最初から無気力・無感情のキャラになっていますね。

漫画の評価(1巻)

良い評価

面白い。登場人物同士の掛け合いがとても良い。主人公たちがこれからどうどん底から這い上がるのか楽しみ。登場人物それぞれが何か訳ありのようで、これからどう解決していくのか見もの。これからが楽しみコミカライズ。最下位のクラスに主人公たちがなった理由が徐々に明らかになるといいなぁ。こういう学園ものって主人公たちが自分の能力を駆使して頑張っていくから面白い。次巻に期待。
しぇん
よう実のコミカライズ。物語の紹介までで終わってる感も。もう少したまったら纏めて読みたいですかね。絵は原作再現されてて良い感じかなと。
引用:https://bookmeter.com/books/11127105

悪い評価

exsoy
アニメ視聴済。アニメを先に見たせいで綾小路に違和感。もっと眠そうな目のやる気ない感じだったから。
える
原作絵に近くてキャラが可愛いところは良いけれど、やはりこの作品は原作の方が良いなと思った。ちょっと展開が早すぎて、色々ある駆け引きや裏ルールについて綾小路・堀北があまり考察していない感じがした。この作品はそういう部分のやり取りが面白いと思うので、展開遅くなっても良いのでしっかりと描写して欲しい。
引用:https://bookmeter.com/books/11127105

読むなら電子書籍がおすすめ

もし漫画で読むのであれば電子書籍で読むのがおすすめです。私は小説は購入していますが、漫画は全て電子書籍で読んでいますね。持ち運べてかさばらないですし、電子書籍でも案外読みやすいです。おすすめな電子書籍のサービスも紹介しているのでよかったら見てみてください!

今すぐ電子書籍で「ようこそ実力主義の教室へ」を読んで見る!

まとめ

私はどっちかというと「ようこそ実力主義の教室へ」に触れるのであるのなら小説のほうがおすすめです!

ですが小説だと読んでられないと思う方もいると思いますので、そんな時に漫画は読みやすいですよね。描かれなかったキャラの姿も見れるのも魅力です。

ただ小説といってもライトノベルなので案外抵抗なく読めます。よかったら小説も読んで見てください!小説を読んだら漫画を読みたくもなりますよ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました