【無職転生】シルフィが死亡!未来で処刑される原因と理由は何?

無職転生
オレンジ
オレンジ

どうもオレンジです。

「無職転生」に登場するシルフィ死亡についてネタバレ解説していきます。

無職転生ではシルフィことシルフィエットが死亡するという未来があります。ルーデウスとは幼馴染のヒロインとして人気なキャラクターですが、なぜ死亡してしまうのでしょうか?

今回はシルフィの死亡する理由とその経緯についてまとめていきます。

注意

・ここからはネタバレを含むのでご注意ください!

スポンサーリンク

【無職転生】シルフィは死亡するのか?

まず結論から言うと シルフィは死にません。ただ別時間軸ではシルフィが死亡する未来があります。

シルフィが死亡する未来は本来であればルーデウスが辿っていたルートでしたが、未来から来たルーデウスの助言によりそのルートは回避されました。

シルフィが死亡するルートの別時間軸ではシルフィは犯罪者として処刑されてしまいます。

ではどのようにして処刑されてしまったのか見ていきましょう。

ルーデウスと喧嘩別れする

別時間軸のルーデウスではシルフィが死亡する前にまずロキシーが病死で死亡します。ロキシーを失って傷心したルーデウスはしばらくの間シルフィのことを考えられなくなります。

シルフィはそんなルーデウスに寄り添いますが、ルーデウスはシルフィを相手にせず酒ばかり飲んでいました。そしてある日、ルーデウスは酒の勢いで娼婦を抱いてしまい、シルフィから泣かれてしまいます。そしてその次の日にはシルフィは家を出ていってしまいます。

アリエルとルークに連いていく

シルフィがルーデウスと喧嘩したタイミングで今度はヒトガミがルークを操り、アリエルに進言してアスラ王国へと向かいます。シルフィはルークの頼みで二人に連いていき、イチかバチかで内乱を起こしに行きます。

ルーデウスもその後を追いかけますが、結局は追いつけませんでした。

処刑されてしまう

無事ルーデウスはアスラ王国に辿り着きましたが、シルフィに会う前に王都でクーデターの鎮圧がされます。

アリエルの手勢は全滅しアリエルは捕らえられ処刑されてしまいます。シルフィとルークも殺されてしまい、処刑場ではアリエルの手勢の死体が晒されます。その中の死体にはシルフィの姿があり、片腕がなく、顔に大きな切り傷が残っていました。

それを見たルーデウスは我慢できなくなり、火魔術で死体を燃やします。そして怒りで首都の一部を消失させました。

スポンサーリンク

【無職転生】シルフィの最後

シルフィが死亡するルートを回避してからは、その後は死ぬことはありません。最後まで生き続けます。

未来のルーデウスの助言にて死亡ルートを回避

ルーデウスが日記をつけ始めた日をきっかけに、未来からルーデウスがタイムリープしてきます。

未来のルーデウスは既に老人であり、魔術によってなんでもこなせるようになっています。空も飛べ遠方の相手に通信することも可能で、ついには過去に飛ぶことにも成功しました。

しかし過去へ飛んだ際に体の全てを持ってくることが出来ず、助言をして死んでしまいます。ただこの助言により、ルーデウスはヒトガミを疑うようになり、シルフィが死なないルートへと回避しました。

本ルートではアリエルは王になる

ぺルギウスからの助力を得たアリエルはルーデウスの協力もあり、アスラ王国の王へとなります。

死亡ルートではアリエルはぺルギウスの協力を得られないままクーデターを起こしたこたことが大きく失敗しました。

寿命で死亡する?

シルフィの最後は描かれていません。エルフということなので長命ということは間違いないでしょう。ちなみにルーデウスが74歳で老衰した際のシルフィは40代ぐらいの姿になっていたようです。

 

オレンジ
オレンジ

ルーデウスとは幼馴染なので同じ74歳なのに見た目は40代ということは100歳以上は生きていそうですね。

スポンサーリンク

【無職転生】シルフィ死亡:まとめ

以上シルフィ死亡についてまとめます。

  • シルフィが死亡する時間軸が存在する
  • 別時間軸ではルーデウスと喧嘩別れしてしまう
  • 別時間軸でのシルフィはアリエルとルークと共に処刑される
  • 本ルートでは最後まで生き残る
  • シルフィの最後は描かれていない
オレンジ
オレンジ

本来のルートは死んでいたとなると少しショックですね…

でも最後までルーデウスと共に生きていたのは嬉しいことです。

キャラクター紹介

ルーデウスの家族(グレイラット家)

ルーデウス・グレイラット

パウロ・グレイラット

ゼニス・グレイラット

リーリャ

ノルン・グレイラット

アイシャ・グレイラット

ヒロイン

シルフィエット

ロキシー・ミグルディア

エリス・ボレアス・グレイラット

*合わせて読みたい!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました