【無職転生】ザノバの正体や強さを解説!死亡するという噂は?

無職転生
オレンジ
オレンジ

どうもオレンジです。

「無職転生」に登場するザノバについてネタバレ解説します。

最初は人形が大好きなモブキャラだと思いますが、その実は怪力の神子というとても重要なポジションであり、ルーデウスにとってもかけがえのない存在です。そんなザノバが今後どうなるのかについてまとめていきます。

注意+

・ここからはネタバレを含むのでご注意ください!

スポンサーリンク

【無職転生】ザノバの正体は?

ザノバの正体やキャラについて解説していきます。

シーローン王国の第三王子

ザノバの見た目は面長で丸い眼鏡をかけており、いかにもモブキャラっぽいですが、実はザノバはシーローン王国の第三王子として生まれました。

またパックスの兄であり、十五歳の時に政略結婚もしています。

怪力の神子

ザノバの正体は、全世界に数人しかいないと言われる生まれながらにして何かしらの特別な能力を持つ神子であり、能力は『怪力の神子』です。

人間の力ではありえないほどの力を持っており、物理攻撃さえも無効化できるほどの頑丈な肉体の持ち主です。しかし魔術による体性はなく、力が強いだけで体力などはありません。

『首取り王子』として扱われる

ザノバはその異常な怪力によって、幼少の時に力加減を間違えて自身の実の弟の首を引きちぎっています。さらには政略結婚した相手の初夜で、妻の首をねじ切り国を内乱を起こしました。

それ以来ザノバは『首取り王子』と呼ばれるようになり、国からは貴重な神子ということで扱いずらい立ち位置にいる存在です。

重度の人形好き

ザノバは重度の人形好きです。

人形のこととなると、他には目もくれずに行動します。また人形以外でも芸術関係には深く精通しているため、ぺルギウスからは気に入られています。

ルーデウスのことは「師匠」と呼ぶ

ザノバはルーデウスの制作したロキシーの人形に心を奪われ、人形の制作者を探し続けていました。そしてルーデウスと出会った際に、ルーデウスのことを『師匠』と呼び、弟子入りをします。

ただしかしパックスの事件によって、ザノバは留学という名の『国外追放』をされてしまい、ルーデウスとは別れることになります。

ラノア魔法大学で再会

ザノバの留学先はラノア魔法大学であり、神子という立場もあったことで特待生として扱われていました。

そこに特待生としてルーデウスが入学してきて、そこでザノバとルーデウスは再開を果たします。

奴隷のジュリエットに人形制作を教える

ザノバはルーデウスに人形制作を教わりますが、ザノバは魔術の才能がなく断念します。そこでザノバ自身が人形を作るのではなく、奴隷に教えて作らせることにしました。

そして奴隷としてドワーフの子供を買い、『ジュリエット』と名付け、人形作りを教育していきます。

ちなみにジュリエットことジュリには、ルーデウスが人形作りを教えます。

ルーデウスとは親友の仲に

ザノバとルーデウスはその後も研究などを共にしていき、親友と呼べる関係となっていきます。そしてそこにクリフも加わり、ルーデウスとザノバとクリフの3人はラノア大学で親しい仲となっていき、その後も関係は続いていくことになります。

スポンサーリンク

【無職転生】ザノバの研究

ザノバは人形作りの他にも研究をしていきます。

自動人形の研究に従事

ルーデウスの家にて、狂龍王カオスが作ったと思われる自動人形を発見してからは、ザノバはその自動人形の研究に従事することになります。

ちなみに本編では完成はしませんでしたが、本編のスピンオフである『蛇足編』では、自動人形の『アン』を完成させました。

ザリフの義手や魔法鎧も開発

ザノバが自動人形の研究を重ねていく過程で、クリフと協力して『ザリフの義手』『魔法鎧』の開発に携わります。

ザリフの義手は、魔術を通すことで本人の自由に動かせる義手です。ルーデウスが腕を失った際にはこの義手を付けていました。

魔法鎧は、ルーデウスが闘気を纏えないことで作られた防御力を兼ね備えた全身鎧です。次第に改良を重ねていき強くなっていきます。

スポンサーリンク

【無職転生】ザノバの最後は?

ザノバがラノア大学を卒業した後についてまとめていきます。

シーローン王国に呼び出される

ザノバは卒業間際に国から帰還の命令が下ります。シーローン王国では弟であるパックスがクーデターに成功して王位を取ったことで他国から攻められる可能性があるとのことでした。

ザノバはその戦争に参加するように命令が下り、ザノバも国を守るために戻ることにします。そして完全罠であると感じたルーデウスはザノバについていくことにします。

王族の地位を捨てる

国へ戻ったザノバとルーデウスは国防に成功しますが、その間に元将軍だったジェイドが第十一王子を旗頭に決起し、弟のパックスは自殺してしまう結果となります。

家族を失ったザノバは、王族の地位を捨てて、その後は大学へと戻ります。

オルステッドにつく

シャリーアへと戻ってきたザノバは、パックスを失った一連の流れが全てヒトガミの仕業であったことを知り、ザノバは仇を討つために龍神オルステッドの軍門に下ります。

そしてルーデウスをサポートするために、魔法鎧の研究や神子としての力で貢献していきます。

「ザノバ商会」を開業

オルステッドの下った後は、ルーデウスから資金獲得や、商業的な方面での組織の展開するために『ザノバ商会』をザノバを主導にして発足させます。

そしてそこでルーデウスから、スペルド族の名誉回復のために『ルイジェルド人形』を広めていきます。

ジュリとジンジャーと共に暮らす

ザノバは最後まで結婚はしません。そして死亡することもないです。

ザノバは人形さえあればいいので、ジュリに人形を作らせて、ザノバに忠誠を誓っているジンジャーと共に一緒に暮らしていきます。

【無職転生】ザノバ:まとめ

以上ザノバについてでした。

  • ザノバはシーローン王国の王子で『怪力の神子』
  • 人形に異常なほど執着している
  • パックスの事件で国外追放へ、そしてラノア大学へ留学することになる
  • 大学ではルーデウスと再会し、人形制作に協力してもらう
  • ザリフの義手や魔法鎧の研究をしていく
  • オルステッドに下り、『ザノバ商会』を発足

キャラクター紹介

ルーデウスの家族(グレイラット家)

ルーデウス・グレイラット

パウロ・グレイラット

ゼニス・グレイラット

リーリャ

ノルン・グレイラット

アイシャ・グレイラット

ヒロイン

シルフィエット

ロキシー・ミグルディア

エリス・ボレアス・グレイラット

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました