【転スラ】ヴェルグリンドの強さは?リムルとはどっちが強い?

転生したらスライムだった件
オレンジ
オレンジ

どうもオレンジです。

「転スラ」こと「転生したらスライムだった件」に登場するヴェルグリンドについて解説します!

最強の種族である竜種の一人にして、ヴェルドラの姉であるヴェルグリンドの目的やスキルとその強さをまとめてみました!

「転生したらスライムだった件」のネタバレ・解説まとめページはコチラ
https://rightnonel.com/archives/3805
注意

・ここからはネタバレを含むのでご注意ください!

スポンサーリンク

【転スラ】ヴェルグリンドの正体

プロフィール

名前 ヴェルグリンド
種族 竜種
称号 灼熱竜
東の帝国で謎の人物とされている元帥の正体であり、その中身はヴェルドラよりも長く生きる竜種の一体でありヴェルドラの姉です。
蒼髪の冷たい美貌が特徴的な美女であり、龍をあしらったチャイナドレスから見える美脚はまさに妖艶な女性と思わせています。

東の帝国でルドラに仕える

ヴェルグリンドは皇帝であるルドラを愛しており、ギィとルドラの因縁の戦いにおいて、常にルドラの身を案じて支え続けています。

ルドラの為であれば何でもしますが、政治などに関して無頓着であり、金銭以外の賄賂に弱いという一面もあります。

好戦的な性格

性格は非常に好戦的であり、邪魔が入りそうであればヴェルドラさえも排除しようとします。

基本的にはルドラの指示によって動きますが、ルドラの覇道を邪魔するものはすべて打ち滅ぼす意思をもって行動しています。

スポンサーリンク

【転スラ】ヴェルグリンドの強さ・スキル

ヴェルグリンドはこの世で最強と呼ばれる“竜種”であり不老不滅の存在です!死んでも別の人格を持った竜となり復活します!

人の姿と竜の姿になることが可能でどちらも存在直は同じですが、どちらかと言えば竜形態の方が強いです!

そんなヴェルグリンドの強さやスキルを見てみましょう!

「救恤之王(ラグエル)」

アルティメットスキルである「救恤之王(ラグエル)」は、全てのエネルギーを自在に操作し“支援”を本質とした力です!

相手を強制的に加速させ、情報すらエネルギーに換算して熱崩壊することが出来たり、熱量を極大に増幅し数万度という灼熱の溶岩の牢獄に閉じ込めることが出来ます!

回避と防御もすることが不可能できない最強のスキルであります!

「並列存在」

また「救恤之王(ラグエル)」の権能の中に「並列存在」という権能が存在します!

この権能はかなりやばい能力で、ソウエイのような『分身体』とは違い、完全に自分の意識を分割させた存在を創り出せます!要するに同じヴェルグリンドが複数人いるということですね。

しかも強さも本体と同じ強さであり、ヴェルグリンドは複数の「並列存在」を同時に創り出せます!

弱点としては分割した分、魔素量が減少しますが、魔素量が凄まじい“竜種”であれば消費速度よりも回復速度の方が速いので、仮に1体倒せてもすぐに復活してしまいます。

「火神之王(クトゥグァ)」

リムルのスキルである「シエル」の能力改変によって「誓約之王(ウリエル)」「救恤之王(ラグエル)」を結合させた新たなる究極能力「火神之王(クトゥグァ)」を獲得します!

実は「正義之王(ミカエル)」によって「救恤之王(ラグエル)」は支配されていましたが、「火神之王(クトゥグァ)」に進化したことによって支配から脱します。

その権能は、「救恤之王(ラグエル)」の能力と自らを時空を超えることが出来ます!これによってヴェルグリンドは次元を超えて世界中に散ったルドラの“魂”を集めに行きます。

スポンサーリンク

【転スラ】ヴェルグリンドVSリムル

そんな最強であるヴェルグリンドとリムルの戦いを見ていきましょう!

ヴェルドラを手中に収める

ヴェルグリンドは弟であるヴェルドラを支配するため、リムルを出し抜き「無限牢獄」へと閉じ込めます。そしてヴェルグリンドは「並列存在」を使いテンペストへ襲来しに行きます。

そこでヴェルグリンドとヴェルドラは竜形態で一騎打ちとなり、ヴェルグリンドは以前とは成長していたヴェルドラに苦戦します。ですが帝国の近藤の手助けもあり、ヴェルドラは捕らえられてしまいます。

そしてそれを知ったリムルは激怒し、「無限牢獄」を解除してヴェルグリンドの前へと現れます!

神智核「シエル」へと進化

ヴェルドラを取り戻す為に、リムルはヴェルグリンドと支配されたヴェルドラの2体の竜種と闘うことになります!

ただリムルも「叡智之王(ラファエル)」と二人で戦うことで何とか敵の攻撃を回避していきます。そこでリムルはスキルの「叡智之王(ラファエル)」に正式な名前を付けることを決め、「叡智之王(ラファエル)」を「シエル」と名付けます!

これによってアルティメットスキル「叡智之王(ラファエル)」から神智核マナス「シエル」へと進化し、ヴェルグリンド相手に優勢になります。

ヴェルドラを捕食

「シエル」へと進化した後、リムルはヴェルグリンドの攻撃を全て一瞬で解析し無力化してしまいます。ヴェルグリンドは最強奥義である「灼熱竜覇加速励起(カーディナルアクセラレーション)」をも簡単に無力化されたことで油断し、リムルの『断熱牢獄』に囚われます。

その間にリムルは支配されたヴェルドラを救う為、ヴェルドラを捕食し、心核を回収してヴェルドラを救います。

そしてヴェルドラを助けた後、「シエル」はヴェルドラを捕食したことでリムルを“竜種”へと進化させることに成功します!

リムルが圧勝する

ヴェルグリンドは目の前で弟のヴェルドラが捕食されるのを見て、リムルに対し激怒します!ですが竜種へと進化し、神智核「シエル」となったリムルの前ではヴェルグリンドは何も出来ませんでした。

最終的にはヴェルグリンドはリムルにより『虚数空間』に閉じ込められ、そこで実は生きていたヴェルドラと再会します。ヴェルドラが死んでいなかったと知ったヴェルグリンドは落ち着き、そこで自身の完全なる敗北を認めます。

【転スラ】ヴェルグリンド:まとめ

以上ヴェルグリンドについてでした!

最強の竜種であるヴェルグリンドの強さは圧倒的です!テスタロッサやカレラ、ウルティマの原初の悪魔でさえヴェルグリンドには手も足も出ませんでした。ですがやはりリムルには敵いませんでしたね。

またヴェルグリンドの目的はルドラにすべてを捧げているので、リムルに負けた後は、散ったルドラの魂を集めに行きました。

オレンジ
オレンジ

ヴェルグリンドはただの恋する乙女でもありますね。

「転生したらスライムだった件」のネタバレ・解説まとめページはコチラ
https://rightnonel.com/archives/3805

【転スラ】キャラクターまとめ

*【転生したらスライムだった件】合わせて読みたい!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました