【転スラ】ユウキ・カグラザカの正体は⁉最後に立ちはだかる黒幕⁉

転生したらスライムだった件
オレンジ
オレンジ

どうもオレンジです。

「転スラ」こと「転生したらスライムだった件」に登場するユウキ・カグラザカ(神楽坂優樹)について解説していきます!

シズさんの元教え子でもあり、自由組合のグランドマスターとして登場しましたが本当の正体はどうなのでしょうか⁉

注意

・ここからはネタバレを含むのでご注意ください!

スポンサーリンク

【転スラ】ユウキ・カグラザカ(神楽坂優樹)の正体!

プロフィール

名前 ユウキ・カグラザカ(神楽坂優樹)
種族 人間
所属 自由組合
この世界に召喚された日本人であり、ヒナタと同じくシズさんの元教え子です。イングラシアに本部を置く冒険者の互助組織である自由組合の創始者でありグランドマスターとして働いています。
またこの世界についての研究もしており、元の世界への帰還方法なども研究しています!
見た目は高校生ぐらいの少年のような姿をしており、性格も人当たりが良く、リムルとの初対面も友好的でした。

実は最後のラスボス的存在

結論からいうとユウキは今作品のラスボス的な存在です!

表向きは自由組合に所属していますが、裏の顔は東の犯罪組織“三巨頭”ケルベロスのリーダーとして活動しており、元魔王カザリームを復活させ、その過程で中庸道化連のボスにも就任しました!

※ノベル版が完結していないのでラスボスになるかどうかは分かりませんが、WEB版ではユウキがラスボスでした!

目的は世界征服!

まるで子供みたいな目的ですが、ユウキは本気で世界を支配しようとしています!

ユウキの欲望は、世界の理不尽さに抗って世界を支配し、自身が世界を正しい方向へ導くことを目標にしています。

※WEB版では世界征服ではなく世界を滅ぼすという設定でした!

スポンサーリンク

【転スラ】ユウキの強さ

ユウキはリムルにスキルを持っていなく代わりに年を取らない上に身体能力が強化されていると言っていましたが、実はそれは嘘でありスキルを隠し持っています!

そんなユウキの強さを見ていきましょう!

「封殺能力(アンチスキル)」

ユニークスキルである「創造者(ツクルモノ)」によって作り出した「封殺能力(アンチスキル)」によって能力や魔法を攻撃・防御問わずすべて無効化することが出来ます!

また対象のスキルを奪う力も持っています。ただ相手が自分よりも格上であると奪うことは出来ません。

「強欲之王(マモン)」

元はマリアベルから奪ったスキルである「強欲者」がギィとのバトルによって、アルティメットスキルである「強欲之王(マモン)」へと進化しました。

その権能は、触れた相手からエネルギーを奪う力や、感情を刺激して記憶にまで影響を及ぼす力を持っています!

悪魔的な頭脳と破滅主義な性格

ユウキの優れている所はスキルや強さではなく悪魔的な頭脳と性格にあると思われます。

自分の正体は明かさないようにして中庸道化連などを使って情報収集すること第一と考えており、しっかりと準備をして作戦を遂行します。

ただリムルのスキル「ラファエル」の前では正体を隠しきれずにバレてしまいました。

何度も窮地に追い詰められる

ユウキは自分の強さに絶対の自信を持っていますが、そこまで単体として強くはないです。実際に何度も窮地に立たされており、ミカエルに支配されてもいました。

しかし、何度やられても全くへこまずそれも計算の内であるかのように振る舞い、窮地を脱するための頭脳と交渉で生き延びてきました!

スポンサーリンク

【転スラ】ユウキの今まで

グランドマスターとしてリムルと出会う

リムルはシズさんの心残りの教え子を助ける為にイングラシア王国へ行き、ユウキが保護していた不完全に召喚された教え子たちに会いに行きます。

そこで初めてユウキと出会ったリムルですが、とてもリムルに好意的であり、漫画とかの話で意気投合し仲良くなりました。

開国祭にてリムルから疑われる

しばらくユウキの出番はありませんでしたが、リムルがテンペストの開国祭を開く時にユウキも誘いテンペストに招きました。そこで進化したリムルのスキルである「ラファエル」にてクレイマンの裏の黒幕がユウキである可能性が高いと看破されてしまいます。

ただ決定的な証拠がない為その場でリムルは何もせず、子供たちをテンペストへ保護しただけでした。

マリアベルを出し抜く

リムルに自分の正体が疑われていると感じたユウキは、マリアベルの「強欲者」に支配されていませんが操られているようにみせてリムルからの疑いを晴らそうとします。

そして最後はマリアベルから「強欲者」のスキルを奪い殺します!

ただリムルの「ラファエル」の前では完全に疑念を晴らすことは出来ませんでした。

クロノアを復活させる

ユウキは目的のためにリムルが障害であると判断していましたが、圧倒的な実力と配下を持っているリムルに今はまだ勝てないと判断し東の帝国にて戦力を整えようとします。

ただその前にグランベルから過去にヴェルドラを封じた勇者が封印されている“聖櫃”を解放し支配しようとします。

封殺能力(アンチスキル)」を持つユウキは聖櫃の開放に成功しますが、暴走した勇者であるクロノア支配することは出来ずにリムル達に任せて逃げていきます。

ギィに敗北する

逃げ出したユウキ達の前に東へ逃げることを良く思わなかった最強の魔王であるギィ・クリムゾンが立ち塞がります!

ユウキはギィを目の前にしても取り乱さず勝てる自身すらありましたが、圧倒的な力を持つギィに手も足も出ませんでした。

絶体絶命であったユウキはギィに見逃してくれるかわりに東の帝国を内側から潰すと取引をすることによって見逃され無事生き延びます。

そしてギィとの戦いで全く歯が立たず、仲間に自信を庇われた無力さからマリアベルから奪った「強欲者」がアルティメットスキルの「強欲之王マモン」へと進化します。

東の帝国に潜入

帝国へ行ったユウキは瞬く間に軍団長へと昇りつめ、帝国がリムルと戦争をしている隙に帝国の頭を潰そうと考えます。

そして帝国を倒すという目的が一致している為、リムル達とは一時共闘することとなりますが、帝国のルドラによってユウキ達は支配されてしまいます。

【転スラ】ユウキ・カグラザカ:まとめ

以上ユウキ・カグラザカについてでした。

ユウキは今作のラスボス候補であり確かに強いですが、周りのキャラが強すぎる為そこまでラスボス感はないですね。ただ何度もやられていますが諦めずに何度も立ち向かって強くなっていく所はむしろ主人公みたいな感じでもありますね。

そんなユウキは最後リムルの前にどう立ち向かっていくのかが楽しみです!

【転スラ】キャラクターまとめ

原初の悪魔

原初の赤

ギィ

原初の黒

ディアブロ

原初の白

テスタロッサ

原初の黄

カレラ

原初の紫

ウルティマ

原初の青

レイン

原初の緑

ミザリー

八星魔王(オクタグラム)

ギィ・クリムゾン

ミリム・ナーヴァ

ラミリス

ダグリュール

ルミナス

ディーノ

レオン・クロムウェル

リムル=テンペスト

元魔王

カリオン

フレイ

クレイマン

カザリーム

*【転生したらスライムだった件】合わせて読みたい!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました