【転スラ】魔王ミリムの強さとその正体は⁉実は衝撃の過去が!

転生したらスライムだった件
オレンジ
オレンジ

どうもオレンジです。

「転スラ」こと「転生したらスライムだった件」に登場する魔王ミリム・ナーヴァについてまとめていきます。

見た目は美少女でかわいいミリムですが、その正体と強さの秘訣など見ていきたいと思います!

注意

・ここからはネタバレを含むのでご注意ください!

「転生したらスライムだった件」の原作をお得に読む方法
題名収録巻
「転生したらスライムだった件」小説1~19巻
「転生したらスライムだった件」漫画1~22巻
「転スラ」アニメ2期まで放送されていますが、物語的にはまだ3分の1程度しか進んでいません。アニメの続きを知りたい方は、小説なら8巻から、漫画なら19巻から読むことをオススメします!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「eboobjapan」のおすすめポイント

①漫画を中心に80万冊を超える作品数!

②初回は6回分まで50%OFFクーポンを利用できる!

③キャンペーン時は最大50%のポイント還元あり!

【転スラ】魔王ミリム・ナーヴァについて

ミリムの正体について見ていきましょう!

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

プロフィール

名前ミリム・ナーヴァ
種族竜魔人(ドラゴノイド)
二つ名破壊の暴君(デストロイ)

竜と人間の子供

ミリムは竜と人間の間で産まれた唯一な存在“竜魔人”です。

父は最初の竜種“星竜王ヴェルダナーヴァ”であり、母は勇者ルドラの妹の“ルシア”です。

見た目は15歳ぐらいの美少女ですが、強さは父の竜種の力の大半を受け継いでいます。性格は無邪気で天真爛漫、喧嘩っ早くてまるで子供のようですが、数千年の間生きています。

【転スラ】ミリムの強さ

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

ではミリムの強さを見ていきましょう!

究極スキル「憤怒之王」

ミリムが最強と言われる所以はアルティメットスキルである「憤怒之王(サタナエル)」です。

この能力は怒りを原動力に無限に魔素を生成することが出来ます。魔素は車でいうガソリンみたいなものでそれを無限にミリムは作り出せます!

非常に強力な能力ですが、魔素が暴発して暴走してしまうこともあるので危険な場合もあります。

ちなみにこの能力は父のヴェルダナーヴァから受け継がれた権能であり、ミリム自身が獲得した能力ではありません。

「竜眼(ミリムアイ)」

ミリムはユニークスキルでありますが、「竜眼(ミリムアイ)」で見ただけで対象の魔素量を計算することが出来ます。

これにより相手の実力を一瞬で測ることが出来、その魔物が名持ちであるかどうかも見抜くことが出来ます!

竜星爆炎覇(ドラゴ・ノヴァ)

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

ミリムの最強の魔法である「竜星爆炎覇(ドラゴ・ノヴァ)」は、音・衝撃波・光で周囲を破壊し尽くします。

全てを灰燼に帰す技であり、ユーラザニアの首都も一瞬で消し飛ばしました!

【転スラ】ミリムの配下

ミリムの配下を見てみましょう!

元魔王のフレイとカリオンが傘下に

フレイ

カリオン

ワルプルギスにて魔王だったフレイは自分の実力不足を理解し、リムルが魔王になる際に魔王の座を返上し、ミリムに傘下に下ることを決めます!

またカリオンもミリムに敗北したことにより、自身も魔王として実力不足であると知り、ミリムの配下に加わります。

ミッドレイとヘルメス

ミッドレイ

ヘルメス

ミリムが祭られている竜の都を神官長であるミッドレイとその側近のヘルメスです。

ミッドレイは龍人族であり、たゆまぬ努力の結果、覚醒前のガビルを退けるほどの実力を持っています。龍の都に住む神官は自然主義者であり、料理などはせずにそのまま食べることを至高としています。なのでミリムの食いしん坊ぶりの原因もここにあります。

またヘルメスは神官の中で唯一他国を巡り歩いたことがある為神官の中では常識人ですが、逆に異端児扱いされています。

ガイア

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

元はミリムの父であるヴェルダナーヴァからペットとして与えられたエレメンタルドラゴンです。一度死んでしまいその後ミリムが魔王になった際に復活しましたが、邪悪なカオスドラゴンとして蘇ってしまいミリムによって封印されます。

マリアベルによって封印が解かれリムルとミリムの前に対峙することとなりますが、心核を残した状態で倒し、その後リムルが疑似魂によって転生させ、ミリムが「ガイア」と名付け復活します!

現在はミリムが直接鍛えるのが難しい為、リムルが預かっています。

【転スラ】ミリムが魔王になった理由は?

ミリムは父の“ヴェルダナーヴァ”から精霊竜(エレメンタルドラゴン)の「ガイア」をペットを与えられ、ミリムはガイアを友のように扱っていました。

しかし竜皇女を支配しようと企む古代魔導王国のエルフによってガイアを罠にかけられ殺されてしまいます。

これがきっかけでミリムは激怒し王国を滅ぼし、その後も暴走したミリムは七日間魔王ギィと戦い、魔王へ覚醒進化します。

また覚醒魔王へと進化したことにより死んだはずの「ガイア」は蘇りましたが、その影響で邪悪な混沌竜として蘇生したため「カオスドラゴン」として復活してしまい、封印することとなります。

【転スラ】ミリムとリムルの関係

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

ミリムとリムルについて見ていきましょう!

テンペストに襲来

ミリムは退屈を持て余していたところに、魔王クレイマンの策略を知り、面白そうだからとテンペストに向かいました。

そこでリムルと対峙することになりますが、リムルのハチミツによる餌付けによりリムルがやっていることに興味を抱くことになります。

リムルとマブダチに!

リムルに興味を持ったミリムはテンペストに滞在することになり、リムルとマブダチになります!

カリュブディスがテンペストに襲来した時は、ミリムが一瞬にして倒します!

ワルプルギスでリムルと闘う

魔王クレイマンがリムルを倒す為にミリムを魔道具で操り、ワルプルギスにてミリムとリムルは戦うことになりますが、ミリムは実は操られたふりをしているだけであり、フレイと協力してクレイマンを討伐しようとしていました!

ただリムルと闘うことに関しミリムは楽しそうにしていましたね。リムルがギリギリ避けられる攻撃を仕掛けながら戦います!

リムル達とダンジョンへ

ミリムはフレイとカリオンを配下にしたので彼らの領地とクレイマンの領地を治めることになりました!それに伴い人類を管理する立場ともなり、フレイがミリムの教育係となり国を治めていきます。

ですがミリムは度々仕事を抜け出し、リムルの下へ遊びに行きます。リムルとラミリスが作ったダンジョンにミリムも関り、ドラゴンを連れてきたり、一緒に罠を張ったりなど迷宮作りを楽しんでいます。

古代遺跡での死闘

魔王クレイマンの領地にある古代遺跡にて、封印を解かれた元はミリムのペットであった「ガイア」のカオスドラゴンと対峙することになります。

ミリムは未練もありガイアを倒せずにいましたが、リムルの協力によりガイアの魂を封じた卵に得ることに成功します。

その後はガイアを疑似魂で転生させ、再びミリムのペットになります。

【転スラ】ミリム:まとめ

以上ミリムについてでした!

ミリムは転スラの中でも可愛くて、子供っぽい所がいいですよね!しかもかなり強いので今後の活躍にも注目したいです!

「転生したらスライムだった件」のネタバレ・解説まとめはこちら

「転スラ」の原作を読むなら「ebookjapan」!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「転生したらスライムだった件」の原作や漫画をお得に読みたいのであれば、電子書籍サービスであるebookjapanがおすすめです!!

漫画も発売されているので、小説が苦手な方は漫画から入るのもアリです!

初回であれば半額で購入することができます。

漫画だと丁度アニメの続きが連載中です!

ebookjapanのおすすめポイント!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

①新規登録で初回50%OFFクーポンが6回使用可能!

最大50%OFFのポイント還元あり!

③9000作品以上の漫画が読み放題!
電子書籍サービス「ebookjapan」がお得過ぎてヤバい!!
漫画を手軽に読みたい時に利用する電子書籍サービスは、いつでもどこでも読めて便利ですよね。電子書籍サービスはたくさんあって何を選ぶか迷うと思いますが、そんな数ある電子書籍サービスの中でも「ebookjapan」はご存じでしょうか?ebookjapanは電子書籍サービスの中でも、ポイントやキャンペーンが充実しており、他のサービスと比べてもかなりお得に利用することができます!その還元率は最大70%です!今回はそんなebookjapanを最大限お得に利用するにはどうすれば良いのかについてまとめていきます。

【転生したらスライムだった件】キャラクターまとめ

魔王一覧

八星魔王(オクタグラム)
ギィ・クリムゾン

ミリム・ナーヴァ

ラミリス

ダグリュール

ルミナス

ディーノ

レオン・クロムウェル

リムル=テンペスト

元魔王

カリオン

フレイ

クレイマン

カザリーム

原初の悪魔

原初の悪魔

原初の赤

ギィ

原初の黒

ディアブロ

原初の白

テスタロッサ

原初の黄

カレラ

原初の紫

ウルティマ

原初の青

レイン

原初の緑

ミザリー

竜種

竜種

白氷竜

ヴェルザード

灼熱竜

ヴェルグリンド

暴風竜

ヴェルドラ

勇者

勇者

クロエ・オベール

ヒナタ・サカグチ

ルドラ

マサユキ

リムルの配下

鬼人

ベニマル

シオン

シュナ

ソウエイ

ハクロウ

幹部

ゴブタ

ガビル

ランガ

ゲルド

迷宮十傑

ゼギオン

アピト

クマラ

その他キャラ

井沢静江(シズさん)

ユウキ・カグラザカ

ラファエル

コメント

  1. Rikipyon より:

    まとめ・解説サイトわかりやすかったです!
    ありがとうございます!

    ちなみに解説する人物ですが、
    文庫版の18巻までに登場している中で魔国連邦のメンバー(ガドラやアダルマン、アゲーラなど)や東の帝国のメンバー(近藤達也、ダムラダなど)、ロッゾ一族(マリアベルやグランベル、ラズル)、天使側(フェルドウェイなど)も解説して頂けないでしょうか?

    転スラは登場人物が多く、
    魔国連邦側のキャラには1つのキャラに1つの活躍の戦いの場面があるぐらい描かれているので
    まだまだ解説が追いつかないかもしれませんが、
    この人物たちの行動が東の帝国との戦争や今後の天魔大戦に大きく関わっているので、是非解説
    をお願いしたいです。

    • オレンジ オレンジ より:

      コメントありがとうございます!
      そのようなコメントして頂けると助かるので嬉しいです。

      今後、転スラのキャラについてはもっと解説していきたいと思います。