【蜘蛛ですが、なにか】サリエルとは一体誰?魔王との関係は?

蜘蛛ですが、なにか?
オレンジ
オレンジ

どうもオレンジです。

「蜘蛛ですが、なにか?」で『システム』となって登場したサリエルについてご紹介します!

今回紹介するのは

・サリエルとは一体誰なのか?

・サリエルは世界の過去にどう関わっているのか?

・どうしてシステムに取り込まれているのか?

・魔王との関係は?

などを解説していきます!

注意

・ここでは「蜘蛛ですが、なにか?」原作のネタバレを含んでいます!

スポンサーリンク

【蜘蛛ですが、なにか?】サリエルの正体!

では早速サリエルの正体を解説していきます!

サリエルの正体は天使!

サリエルの正体は天使です!

そしてサリエルはただの天使ではなく天使の集団からはぐれた、はぐれ天使であります。

天使とは?

明確な概念はありませんが、天使は対神戦闘種族です。

何故かは分かりませんが、天使は神を滅ぼすことを使命としており、神々と終わらぬ闘争を繰り広げています。なので神であれば天使は見境なく敵とみなし襲います。

天使は神を相手にしているので戦闘能力が高く、神からは恐れられる存在です。そしてその中でもサリエルは上位の戦闘能力を誇っていました。

サリエルの目的

天使は使命というものを与えられて行動しており、サリエルの与えられた使命は在来種の保護でした。

大昔に外来種である神が星に攻め込み支配を目論んでいましたが、それを防ぐためにサリエルが送り込まれてきたとされています。

そして本来であれば神を滅ぼした後、別の使命を与えられて他の星に移るはずでしたが、何らかの手違いでサリエルはこの地にとどまり、与えられた使命を守り続けるはぐれ天使となりました。

サリエルの活動

サリエルは天使として使命を全うする種族ですが、自我や思考がないわけではありません。

当初、サリエルは在来種全体に目を向けていましたが、時が経ち意思の疎通が可能な人間の保護をする比重が高くなります。

そしてサリエルは神として崇められるよりも人間と合わせて活動していました。

サリエーラ会を立ち上げる

長い間人と触れ合ったサリエルは、力で支配するよりも人間を手助けし自立を促すことにします。

そこで慈善事業団体として『サリエーラ会』という組織を立ち上げました。

その活動は、医療全般、貧困地域への支援、教育機関の設置推進、孤児院の運営、介護施設の運営など多岐にわたります。

神である龍族と対立

ギュリエディストディエスを含む龍族は、サリエルには戦闘能力では敵わず、うかつに人間に手出し出来ませんでした。

サリエルも人間に手を出さなければ、龍には手を出しませんでした。

そこで龍族は長い時間をかけて少しずつ人間を取り込み支配権を広げていこうと考えていました。

MAエネルギーの枯渇

ポティマスによって『MAエネルギー』という星の生命力や万物の魂に言い換えられる根源的エネルギーを世界で普及させてしまい、人間たちはそれが星の生命であるにもかかわらず使い続けてしまい、世界は崩壊へと招くことになってしまいました。

龍との戦い

世界が崩壊に向かっていると知った龍は星に見切りをつけ、世界に残っているMAエネルギーを持ち逃げし星から去っていきました。

それにより一気に世界は崩壊へと進んでいきます!

そこで唯一残ったギュリエディストディエスはサリエルと星を救う為、絶対に関わってはいけないといわれる神である“D”にシステムを作ってもらい、崩壊から逃れます。

システムに取り込まれる

サリエルは世界の崩壊を防ぐために、自らが犠牲になることを決めます。

それは“D”が作ったシステムの中にサリエルを取り込み稼働することでした。

“D”はそこまで甘くなくシステムを提供する代わりにサリエルと世界をおもちゃにしてしまいます。

それからサリエルはシステムの中で生きていますが、自由はなくなってしまいます。

システムについてはコチラの記事をどうぞ↓

システムとはいったい何?世界の真実が隠されている!

スポンサーリンク

【蜘蛛ですが、なにか?】魔王との関係は?

 

魔王はサリエルを「お母さん」と呼んでいましたが、どんな関係なのでしょうか?

最初の出会い

実は魔王アリエルの出生はポティマスの実験で産まれたキメラです。その中でも蜘蛛の因子が強く出たのがアリエルであり、当初は自身の蜘蛛の毒を分解することが出来ず常に寝たきりの状態でした。

そんなアリエルはポティマスに排除される前に、サリエルに救出されました。そして同じようなキメラたちと一緒に孤児院に引き取られ育ちました。

孤児院での生活

孤児院で治療されたアリエルでしたが、まだ自身の蜘蛛の毒が解毒できず車イスでの生活となっていました。また体を成長に回す栄養が確保できず、体も小さいままです。

サリエルも孤児院にはよく出向いており、アリエルもサリエルには感謝していました。そんなアリエルは孤児院に引き取られた子供は兄弟だと思っており、サリエルも母だと思っています。

そしてそんな中で世界が崩壊し、システムが誕生しました。

サリエルの性格

またサリエルの性格ですが、少し人とずれています。常に表情は変わることはなく、知識はありますが喜怒哀楽がないような感じです。

どこかずれたとこのあるサリエルでしたが、助けた孤児院の子供たちは家族であると思っていたそうです。

スポンサーリンク

【蜘蛛ですが、なにか?】サリエル:まとめ

以上サリエルについてでした。

サリエルの正体は天使であり、システムに取り込まれた結果世界を延命することが出来ました。

今後サリエルがシステムから救われる展開があるのか楽しみですね!

「蜘蛛ですが、なにか?」のまとめページはコチラ

*合わせて読みたい!
【蜘蛛ですが、なにか】主人公の蜘蛛子の正体!若葉姫色との関係は?
【蜘蛛ですが、なにか】魔王アリエルの正体は?過去を知る最古の神獣
【蜘蛛ですが、なにか】邪神“D”の正体は?主人公と意外な関係が
【蜘蛛ですが、なにか】管理者ギュリギュリの正体は?管理者とは何?
【蜘蛛ですが、なにか】エルフの長ポティマスの正体は?目的は何?
【蜘蛛ですが、なにか】根岸彰子であるソフィアの過去や強さは?
【蜘蛛ですが、なにか】ラースの強さは?ソフィアとどっちが強い?
【蜘蛛ですが、なにか】主人公の最終進化アラクネ時のスキルは?
【蜘蛛ですが、なにか】マザーの強さはどれぐらい?意外と頭もいい!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました