【蜘蛛ですが、なにか】マザーの強さはどれぐらい?意外と頭もいい!

蜘蛛ですが、なにか?
オレンジ
オレンジ

どうもオレンジです。

「蜘蛛ですが、なにか?」の主人公の産みの親である、マザー(クイーンタラテクト)についてまとめていきたいと思います!

エルロー大迷宮の支配者と言ってもいいぐらいに強く、最初は産んだ子たちをも喰らっていましたね。

そんなマザー(主人公が勝手につけたあだ名)の強さやスキル、能力、正体などを考察していきたいと思います!

注意
・ここからはネタバレを含むのでご注意ください!
「蜘蛛ですが、なにか?」の原作をお得に読む方法
題名収録巻
「蜘蛛ですが、なにか?」小説1~16巻
「蜘蛛ですが、なにか?」漫画1~11巻
「蜘蛛ですが、なにか?」は、蜘蛛子がアラクネへと進化したところの原作小説の5巻までがアニメ化されています。アニメの続きを知りたい方は、小説の6巻から知ることができます!
アラクネ編からは世界の真実や各キャラの相対関係などが良く分かってくるので、知りたい方は是非原作を読んで見ましょう!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「eboobjapan」のおすすめポイント

①漫画を中心に80万冊を超える作品数!

②初回は6回分まで50%OFFクーポンを利用できる!

③キャンペーン時は最大50%のポイント還元あり!

【蜘蛛ですが、なにか?】マザーの強さは?

マザーの強さをステータス、スキル、能力でまとめてみました!!

ステータス

種族名:クイーンタラテクト LV89

HP24557
MP22301
平均攻撃力20439
平均防御力20286
平均魔法力21977
平均抵抗力17946
平均速度20400

軽く全部2万オーバーです(笑)

主人公がなんとか必死で倒した地龍アラバの5倍はあります!

スキル

スキル 特に強いと思われるスキルは赤字

HP超速回復:レベル4MP高速回復:レベル10MP消費大緩和:レベル10魔神法:レベル3魔力付与:レベル5
大魔力撃:レベル1SP高速回復:レベル10SP消費大緩和:レベル10破壊大強化:レベル5打撃大強化:レベル6
斬撃大強化:レベル3貫通大強化:レベル5衝撃大強化:レベル5状態異常大強化:レベル10闘神法:レベル9
気力付与:レベル10技能付与:レベル6大気力撃:レベル3神龍力:レベル6龍結界:レベル2
猛毒攻撃:Lv10強麻痺攻撃:レベル10外道攻撃:Lv7毒合成:レベル10薬合成:Lv10
糸の天才:レベル10神織糸操糸:レベル10念力:レベル3投擲:レベル10
射出:レベル10空間機動:レベル10脊属支配:レベル10産卵:レベル10集中:レベル10
思考加速:レベル9未来視:レベル3並列思考:レベル9高速演算:レベル10思考加速:レベル9
回避:レベル10確率大補正:レベル10隠密:レベル10隠蔽:レベル10無音:レベル10
無臭:レベル10帝王外道魔法:レベル10影魔法:レベル10闇魔法:レベル10
暗黒魔法:レベル4毒魔法:レベル10治療魔法:レベル10魔王:レベル5飽食:レベル10
破壊大耐性:レベル4打撃無効斬撃大耐性:レベル4貫通大耐性:レベル4衝撃大耐性:レベル4
火炎耐性:レベル2水流耐性:レベル1暴風耐性:レベル1大地耐性:レベル2雷光耐性:レベル1
光耐性:レベル9暗黒耐性:レベル4重大耐性:レベル1状態異常無効酸耐性:レベル3
腐蝕耐性:レベル8気絶耐性:レベル5恐怖耐性:レベル8外道耐性:レベル9苦痛無効
痛覚無効暗視:レベル10万里眼:レベル1五感大強化:レベル10知覚領域拡張:レベル8
神性領域拡張:レベル2天命:レベル10天魔:レベル10天動:レベル10富天:レベル10
剛毅:レベル10城塞:レベル10天道:レベル10天守:レベル10韋駄天:レベル10
禁忌:レベル10

目が痛くなりますね(笑)

あと何気に禁忌もカンストしているんですね。ということは世界の真実も知っているということになりますね。

能力

マザーの恐ろしい所はステータスはもちろんなのですが、一番強力な攻撃はブレスです。

マザーのブレスに関しては果てしない威力を持っており、エルロー大迷宮の最下層から地上までを吹き飛ばすほどの威力があります!!

また糸に関してもスキル「神織糸」によって糸の“”や“質感”などを変えることが出来ます!これによってトラップを仕掛けることが出来ます。

 

そしてスキル「眷属支配」によって自分で産んだ蜘蛛たちを自由に命令することが出来ます!

さすがエルロー大迷宮の支配者なだけありますね。

スポンサーリンク

【蜘蛛ですが、なにか?】マザーの正体!

 

マザー(クイーンタラテクト)の正体は、 魔王アリエルの眷属です!

しかも世界に5匹しか存在しない希少種でもあります!あの最強の魔王の分身体ともいえるので強いというのは納得できますね。

マザー(クイーンタラテクト)達は各地で魔王に従い君臨しています。

魔王と眷属なので直接魔王とコンタクト取ることもでき、マザーからの救援として魔王アリエルが直接主人公の下へ来たこともありましたね!

魔王に関してはコチラの記事をどうぞ!

魔王アリエルの正体は?過去を知る最古の神獣

スポンサーリンク

【蜘蛛ですが、なにか?】マザーVS主人公(蜘蛛子)

マザーは「眷属支配」のスキルのより自分で産んだ子を支配下に置くことが出来来ます。

マザーは急激に成長と進化を重ねていった主人公に対して「眷属支配」による直接干渉を行うも、逆に主人公に魂の繋がりを利用されてしまい主人公の「並列意思」を流し込まれ魂を徐々に侵食するというシステム外による精神攻撃を食らってしまいました。

それからマザーと主人公の戦いが始まります!

まずは主人公の蜘蛛子がマザーに精神攻撃を行った後はエルロー大迷宮を出ていきます。マザーの巨体では迷宮から出てこれないと思っていた蜘蛛子でしたが、なんとマザーが最下層からブレスで穴を開け外へ飛び出してきます!!

ステータスで敵わない蜘蛛子は空間魔法でエルロー大迷宮へ戻るも、そこに待ち構えていたのはマザーの眷属による蜘蛛たちでした!

マザーによる待ち伏せの罠を食らった蜘蛛子は蜘蛛軍団により瀕死となるもなんとか転移魔法をする隙を作り再び逃げることに成功しました。

マザーに関しては「並列意思」による精神攻撃で時間が経てば弱体化していくので、蜘蛛子はマザーから逃げつつ眷属を減らしていくことを決めます!

主人公が逃げている途中、進化もし、「不死」というスキルも手に入れることができましたが、そこにマザーからの救援である魔王が登場し一瞬で殺されてしまいます!

「不死」のスキルによってなんとか助かった蜘蛛子は、マザーと魔王から逃げつつも眷属を少しづつ減らしていきます。そしてついにマザーの弱体化が進んで蜘蛛子よりステータスが弱くなった時を見計らってマザーと直接対決をします!

 

ステータスで劣っているマザーを舐めてかかってしまった蜘蛛子はマザーによる糸やブレスによって絶体絶命となりますが、マザーの精神を攻撃していた「並列意思」たちが戻りさらに弱体化していたマザーのステータスを吸収することによって無事倒すことが出来ました!

そしてこの時から蜘蛛子はステータスでも最強な立ち位置となることが出来ました!

オレンジ
オレンジ

まぁ神話級の魔物を一人で倒してますからね。

【蜘蛛ですが、なにか?】マザー:まとめ

以上マザーについてのまとめでした!

恐ろしく強いでよね。しかも何気に頭もよく、主人公から精神攻撃を食らって弱体化しても諦めずになんとかして勝利しようという所は蜘蛛子に似ているのかもしれませんね。

そして魔物として最強なマザーを倒したことにより、蜘蛛子も神話級の魔物ということになりますね!

「蜘蛛ですが、なにか?」のまとめページはこちら

蜘蛛ですが、なにか?を読むなら「ebookjapan」!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「蜘蛛ですが、なにか?」の原作をお得に読むのであれば、電子書籍サービスのebookjapanがおすすめです。小説だけじゃなく漫画も発売されています!

ebookjapanでは最大50%OFFの割引になるキャンペーンを毎週開催しており、また初回で利用あれば6回まで半額で購入することができます。

ebookjapanのおすすめポイント!

 

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

①新規登録で50%OFFクーポンが6回使用可能!

最大50%OFFのポイント還元あり!

③9000作品以上の漫画が読み放題!
電子書籍サービス「ebookjapan」がお得過ぎてヤバい!!
漫画を手軽に読みたい時に利用する電子書籍サービスは、いつでもどこでも読めて便利ですよね。電子書籍サービスはたくさんあって何を選ぶか迷うと思いますが、そんな数ある電子書籍サービスの中でも「ebookjapan」はご存じでしょうか?ebookjapanは電子書籍サービスの中でも、ポイントやキャンペーンが充実しており、他のサービスと比べてもかなりお得に利用することができます!その還元率は最大70%です!今回はそんなebookjapanを最大限お得に利用するにはどうすれば良いのかについてまとめていきます。

【蜘蛛ですが、なにか?】キャラクター紹介

主人公サイド

主人公「私」

ソフィア・ケレン

魔王

メラゾフィス

ラース

魔王軍
第1軍団長

アーグナー・ライセップ

第2軍団長

サーナトリア・ピレヴィ

第3軍団長

コゴウ

第4軍団長

メラゾフィス

第5軍団長

ダラド

第6軍団長

ヒュウイ

第7軍団長

ブロウ

第8軍団長

ラース

第9軍団長

第10軍団長

 

バルト

勇者サイド

シュン

カティア

フェイ

フィリメス

ユーゴー

ユーリ

ユリウス

ハイリンス

ロナント

スー

その他

ポティマス

D

サリエル

ダスティン

ギュリエディストディエス

*合わせて読みたい!

 

コメント

  1. ししゃも より:

    なろう版では、マザーとの戦闘シーンはなかった気がする。