【リゼロ】嫉妬の魔女サテラの正体を解説!エミリアと顔が似ている理由とは?

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。
【リゼロ】エキドナ Re:ゼロから始める異世界生活
©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

「リゼロ」こと「Re:ゼロから始める異世界生活」に登場する“嫉妬の魔女サテラ”について解説していきます。

嫉妬の魔女サテラはメインヒロインであるエミリアと瓜二つの顔を持つリゼロの最重要人物です。

サテラに関してはエミリアの母親説や400年前からループしている説などたくさんの考察が存在します。

オレンジ
オレンジ

今記事では、サテラの正体やその背景について、現在判明していることから考察をしていきます。

この記事を読んで分かること
  • 嫉妬の魔女サテラについて
  • サテラの正体
  • サテラとエミリア、スバルとの関係
  • サテラの登場シーン
注意
・ここからはネタバレを含むのでご注意ください!

\リゼロを全巻読むならebookjapan/

ebookjapan 70%OFFクーポン

ebookjapanのおすすめポイント

  • 漫画を中心に100万冊を超える作品数!
  • 初回70%OFFクーポン6回使用可能!
  • 最大30~50%OFFになるキャンペーンが毎週開催されている
  • まとめ買いがお得!

もし長期的に電子書籍サービスを利用していくのであればebookjapan一択です!!

他の電子書籍サービスの割引も高いのですが、ebookjapanは他のサービスと比べて割引になる対象作品が多いのが特徴ですほぼすべての作品が割引対象になるので、過去の名作やマイナーな作品も安く手に入れることができます。

オレンジ
オレンジ

今までいろんな電子書籍サービスを試しましたが、ebookjapanが一番お得だと感じました。

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】「リゼロ」のアニメの続きは原作16巻からとなります。

水門都市プリステラで魔女教大罪司教との戦いが繰り広げられるトップクラスに面白いバトル展開となっています!

\6回使える70%OFFクーポン配布中/

【リゼロ】サテラについて

【リゼロ】エキドナ

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

サテラのプロフィール

サテラは銀髪の紫紺の瞳を持つハーフエルフであり、エミリアと瓜二つの見た目を持っています。

また、体型や身長なども非常に似ており、ピュアで優しい性格を持っているところもエミリアと同じ点です。

また、サテラはベアトリスやスバルと同じく影魔法を使うことを得意としています。

嫉妬の魔女と呼ばれる

嫉妬の魔女サテラは嫉妬魔女と呼ばれており、400年前に世界の半分を飲み込み人々を恐怖に陥れた存在です。

この人々に与えた恐怖は今でも語り継がれており、名前を出すことはタブーとされ、サテラと同じ銀髪のハーフエルフは人々から疎まれています。

オレンジ
オレンジ

同じ魔女を滅ぼした張本人でもあります。

歴代最強の魔女

サテラは400年前に存在していた強大な力を持つ7人の魔女の一人であり、サテラはその魔女の中でも最強の存在と言われています。

そんなサテラが最強と言われる理由の一つは、大量の魔女因子を集めたことで圧倒的な力を手にしているからです

ペテルギウスの「見えざる手」も出すことが可能であり、サテラの場合は2000本の見えざる手を同時に出すことができます。

オレンジ
オレンジ

スバル達を苦しめた怠惰の大罪司教ペテルギウス・ロマネコンティの見えざる手は約20本程なので、二千もの数の見えざる手を出せるサテラの力は別格ですね。

サテラの過去

サテラの過去として、400年前に大賢者のフリューゲルらと行動を共にしていたことが分かっています。

また賢者フリューゲルの他に、カララギ都市国家を建国した荒地のホーシンことアレク・ホーシンなどもいました。

なぜフリューゲル達と一緒に行動をしていたのかはまだ分かっていませんが、サテラ達は世界を破滅の運命から救うことを目標にしていたようです。

現在は封印をされている

サテラは剣聖レイド、神龍ボルカニカ、大賢者フリューゲルの三英傑によって、ルグニカ王国の東にあるアウグリア砂丘の先にある大瀑布付近にある祠に封印されています。

封印された原因は、サテラの持つ嫉妬の魔女因子が暴走し、世界の半分を取り込んでしまったためです。

これにより、三英傑に封印されることになりました。

オレンジ
オレンジ

サテラが封印されている付近は魔女の瘴気により近づくことも困難になっており、魔女教も迂闊に手出し出来ないようです。

スポンサーリンク

【リゼロ】サテラの正体を解説

【リゼロ】サテラ

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

二重人格

嫉妬の魔女サテラは二重人格です。

サテラは嫉妬の魔女因子と適合しなかったため、「嫉妬の魔女の人格」と「サテラの人格」の2つが生まれました。

世間からはサテラは会話も通じない非常に凶悪な魔女という認識がありますが、これはサテラの人格ではなく嫉妬の魔女の人格です。

オレンジ
オレンジ

憤怒の魔女ミネルヴァはサテラに対して、「あなたは嫉妬の魔女?サテラどっち?」の発言から二重人格である事は間違いないです。

嫉妬の魔女の人格

嫉妬の魔女は、世界を半分ほど闇で飲み込み、同じ魔女達も滅ぼしました。

また嫉妬の魔女の人格は会話することができません。

ですがなぜかスバルに対しては好意を抱いており、「好き」と数十回、数百回も囁くほどの狂気の愛情を見せています。

サテラの人格

サテラ本人の人格は心優しい少女であり、普通に会話をすることができます。

エキドナの夢の城に登場した時の人格はサテラです。

サテラはスバルに対して、

「――あなたを愛しています。だから、あなたも、あなたを愛して、守ってあげて」

と語りかけるセリフもありました。

オレンジ
オレンジ

このことから、サテラもスバルに対して愛情を抱いていることが分かり、以前からスバルのことを知っているようです。

スポンサーリンク

【リゼロ】サテラと他の魔女との関係

【リゼロ】魔女

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

6人の魔女との関係

サテラと他の魔女との関係は良好ですが、嫉妬の魔女の人格と魔女達の関係は良くありません。

実際にエキドナの茶会にサテラが現れた時、嫉妬の魔女の人格ではないサテラだと分かると魔女達は歓迎をしていました。

特に魔女達の中でも憤怒の魔女ミネルヴァはサテラとエミリアに対して特別な感情を抱いている描写があります。

オレンジ
オレンジ

ミネルヴァはサテラが現れた際は泣きそうな顔でサテラを見つめていたり、エミリアの母親と仲が良かったが、エミリアには詳しく話せないと話しています。

エキドナとの関係

他の魔女と仲の良かったサテラですが、唯一エキドナとの関係は良くありません。

その理由はまだ原作でも語られていませんが、考えられる理由の一つは、400年前にエキドナとサテラは別陣営で対立していた可能性があります。

対立的な関係にあった為、生前のエキドナはサテラのことをよく思っていなかったのかもしれません。

オレンジ
オレンジ

エキドナはエミリアのことも嫌っており、サテラとエミリアに何らかの関係がある可能性もあります。

パンドラとの関係

魔女には7大魔女の他に、禁忌の魔女とされる虚飾の魔女のパンドラがいます。

パンドラとサテラの関係は判明していませんが、パンドラは「魔女教の本懐を遂げる」ためにサテラの封印の解放を望んでいるようです。

そのため、パンドラはサテラの力を使って何かを成し遂げることが目的であると推測できます。

【リゼロ】サテラとエミリアについて

【リゼロ】サテラ

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

サテラとエミリアの関係には色々な考察がありますが、その中で有力な説について紹介していきます。

母親説

エミリアとサテラは容姿がほとんど同じのため、母親ではないかという説があります。

しかし、この説は信憑性が薄いです。

なぜならエミリアの父親がエルフだからです。

第4章の聖域編ではエミリアの育ての母であるフォルトナが登場しました。

フォルトナはエミリアの父の妹であることが判明しています。

父親がエルフのため、ハーフエルフのエミリアの母親は必然的に人間になるでしょう。

オレンジ
オレンジ

母親がハーフエルフのクォーターではないかという説もありますが、聖域の結界はクォーターを通すので、通れなかったエミリアはクォーターの可能性は低いです。

同一人物説

サテラの正体は、エミリアではないかという説があります。

この説がある理由は、エミリアとサテラがほぼ同じ容姿である事や、スバルが「俺が必ずお前を救ってみせる」と同じセリフをエミリアとサテラの両方に言っているからです。

またアニメのエミリアの声優は高橋李依さんですが、サテラの声優は明かされていません。

しかし、サテラの声が高橋李依さんに非常に似ており、同じ声優であるサテラとエミリアは同一人物ではないかという説もあります。

【リゼロ】サテラとスバルについて

【リゼロ】サテラ

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

サテラとスバルの関係について、嫉妬の魔女とサテラの2つの人格から考察していきます。

少しややこしい話にはなりますが、物語を理解する上では重要な情報となるでしょう。

「死に戻り」の権能を与えた

嫉妬の魔女はスバルに異常ともいえる愛情を持っており、スバルを死なせないために「死に戻り」の権能を与えました。

理由として、スバルは死に戻りをすると元々まとわりついている魔女の瘴気が濃くなってしまうからです。

その為スバルが死に戻りをした際には、サテラの力ではなく嫉妬の魔女としての力が働いていると推測できます。

また、スバルがエミリアに死に戻りの事を口にした際にはエミリアは口から血を流し死んでしまいました。

他人に死に戻りの事を話すと何らかのペナルティがありますが、これは死に戻りの事を2人の秘密にするためです。

サテラとスバルの関係

嫉妬の魔女ではないサテラとスバルは、400年前に何らかの関係で出会っていたと考察されています。

理由はスバルとサテラが対面した際に、サテラはスバルとすでに出会っていたと思われる発言をしていたからです。

またこの説の中で、スバルはフリューゲルではないかという説があります。

フリューゲルは大賢者と呼ばれる人物であり、過去にサテラ達と行動を共にしていました。

オレンジ
オレンジ

スバルとフリューゲルが同一人物である説が存在する理由は2つあります。

①フリューゲル参上

フリューゲル説がある一つ目の理由は、フリューゲルの大樹に書かれていた「フリューゲル参上」と日本語で書かれていた文字です。

スバルがリゼロ世界の文字を練習している時に「スバル参上」と紙に書いていました。

またかつてフリューゲルが居たプレアデス監視塔には、「ナツキ・スバル参上」という文字が刻まれていました。

②シャウラとの関係

2つ目の理由は、スバルとシャウラの関係です。

シャウラはフリューゲルの言いつけで400年間プレアデス監視塔を守護しており、フリューゲルをお師様と呼んで溺愛しています。

そんなシャウラはスバルをフリューゲルと同じくお師様と呼んでいました。

シャウラは人を見た目で判断できないため、匂いでスバルを認識していたようです。

またスバルの匂いはフリューゲルで間違いないとシャウラが断言するほどだったので、同一の人物である可能性があります。

【リゼロ】サテラの登場シーン

【リゼロ】サテラ

©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

聖域

聖域編にて、嫉妬の魔女がエミリアを器にして現れました。

その際、黒い影によって聖域全体を飲み込むほどの勢いで、周囲の人達も同様に取り込んでいきます。

嫉妬の魔女が現れた理由は、スバルがエキドナの精神世界で「死に戻り」を口にしたためです。

精神世界に手を出せない嫉妬の魔女は、代わりに周囲の人を皆殺しにしました。

エキドナの茶会

魔女達が集まる茶会にサテラが異質な空気を纏いながら登場しました。

この時、初めてスバルとサテラは面を向かって言葉を交わしました。

また、嫉妬の魔女の人格ではなくサテラの人格が現れたのは、今現在ではこのシーンのみになっています。

プレアデス監視塔

第6章でプレアデス監視塔を訪れた際、最後に嫉妬の魔女が影となって現れます。

その影にスバルとレム達は飲み込まれてしまい、ヴォラキア帝国に飛ばされてしまいました。

この時にサテラが現れた理由は、暴食の大罪司教の一人、ルイ・アルネブに「死に戻り」を知られたためと推測されています。

魔都カオスフレーム

7章では魔都カオスフレームにいる際に、嫉妬の魔女が現れました。

嫉妬の魔女が突如影となって現れ、そのまま魔都全体に襲い掛かります。

その結果、魔都カオスフレームは壊滅してしまいました。

この嫉妬の魔女が現れた理由は判明していませんが、嫉妬の魔女が現れる少し前からサテラがスバルを見失っていた事がわかっており、それに関係していると推測されています。

【リゼロ】サテラ:まとめ

以上、嫉妬の魔女サテラについての解説でした。

物語の最重要人物であるサテラは、エミリアやスバルと何かしらの関わりがあることが分かっています。

原作でもまだ謎が多いサテラですが、最終章では全ての伏線が回収されるとのことなので気長に待ちましょう。

リゼロの原作を読むならebookjapan!

ebookjapan 70%OFFクーポン

「Re:ゼロから始める異世界生活」の小説や漫画を読むのであれば、電子書籍サービスのebookjapanがおすすめです!!

ebookjapanでは初回登録で6回使用できる「70%OFFクーポン」を貰うことができます。

この「70%OFFクーポン」は1回の割引が500円までとなっているのですが、上手く使えば最大3000円まで割引をすることが可能です。

さらにebookjapanでは毎週最大30~50%OFFになるキャンペーンが開催されています

このキャンペーンとクーポンを組み合わせるとかなり安く原作を手に入れることができます!

キャンペーン時に「リゼロ」を全巻購入した場合

【リゼロ】ebookjapan

全巻の価格

23,848円11,942円

オレンジ
オレンジ

実際に私は過去に開催していた50%割引キャンペーンで「リゼロ」を全巻ほぼ半額で手に入れました!

ebookjapanの登録方法はこちら