【このすば】魔王軍幹部セレナの正体は?原作15巻では悲惨な運命に

この素晴らしい世界に祝福を!

「このすば」こと「この素晴らしい世界に祝福を!」に登場する魔王軍幹部のセレスディナ(セレナ)についてネタバレしていきます。

セレナは原作後半で登場する魔王軍幹部です。セレナの目的やその強さ、そしてカズマたちとの今後の関係についてまとめていきます。

注意
・ここからはネタバレを含むのでご注意ください!
スポンサーリンク

【このすば】セレナの正体

名前セレスディナ
職業ダークプリースト

魔王軍幹部の一人

セレナは魔王軍の幹部の一人であり、策謀と諜報を担当しています。

セレナは邪神レジーナを信仰しているダークプリーストです。邪神レジーナは傀儡と復讐を司る神のようであり、現在セレナ一人しか崇拝していないほどのマイナーな邪神です。

性格の悪いダークプリースト

初登場した時のセレナは街に溶け込むために善良なプリーストを演じていましたが、本性はチンピラのような性格をしています。

口調も悪く、タバコも吸います。また相手を騙すことを何とも思っていないクソみたいな性格をしています。

スポンサーリンク

【このすば】セレナの強さ

セレナの強さについて解説していきます。

戦闘能力はそこまで高くない

セレナはプリーストとして、「ヒール」や「セイクリッドターンアンデット」などの魔法を一応は使いこなすことができますが、その練度はアクアには劣ります。

またダークプリーストらしく『デス』の魔法を使用することができますが、相手に耐性があると効果を発揮しません。

復讐の加護がある

セレナはレジーナを復讐の加護として、受けた苦痛やダメージを攻撃した者にも与えることができます。

なので仮にセレナを気絶させたら、その気絶させた相手も一緒に気絶することになります。これによりセレナを殺すと相手も死んでしまうということになります。

傀儡にする

セレナの一番の能力は、傀儡を作ることです。傀儡になるとセレナの言うことに従順になり、死体を傀儡にすることも可能です。ただし一度に傀儡にできる人数には上限はあります。

傀儡にする条件は、セレナに借りを作ることです。

セレナに借りを作った時点で、その借りを返すまで傀儡化を解くことはできません。

スポンサーリンク

【このすば】原作15巻のセレナ編についてネタバレ

セレナは原作14巻で初登場して、15巻でカズマたちと戦うことになります。

そんなセレナの結末は悲惨なもので、逆に可哀想と思うほどでした…w

そんなセレナ編についてネタバレしていきます。

カズマを魔王軍するために近づく

カズマに近づくためにアクセルの街にやってきたセレナは、まずアクセルの街にて善良なプリーストを演じます。

そのためにセレナはまず、アクセルの街にて信者を集めるために無償で冒険者の傷を治したり、除霊をしたりなどの力を見せつけて上手く街に溶け込みます。

ウィズに正体をバラされる

善良なプリーストとして街で人気を勝ち取ったセレナは、カズマのパーティーへと入ろうとカズマに交渉しに行きますが、そこに偶然現れたウィズがカズマとセレナの二人の話に入ってきます。

そしてウィズは何も知らないような感じでセレナを魔王軍幹部の頃の旧友として接し、挙句の果てにはそこにバニルも登場します。

現れたバニルからセレナは、正体をバラさない代わりに有り金を全部うばわれてしまい、それを見たカズマは、さすがにセレナが魔王軍幹部ということに気付きます。

カズマとの取引

カズマに正体がバレてしまったセレナは開き直り、本来のチンピラのような態度に一気に変わります。そしてカズマとは「セレナの正体をバラさない代わりに、魔王軍はカズマに手を出さない」という取引をします。

もう働きたくないと思っていたカズマはその提案に乗り、セレナの正体と行いを見過ごすことにしました。

カズマの妨害

その後セレナは相変わらずアクセルの街で善良のプリーストを演じており、人気を勝ち取っていきます。

それによりアクアのプリーストとしての立場がなくなり、アクアは「……私、この街にいらない女神ですか?」とカズマに泣きます。

それを見たカズマは、セレナを街から追い出すために妨害活動を始めます。

カズマのセレナに対する妨害はひどく

  • 遠く離れたところから「狙撃」をして飲み物をこぼす
  • セレナが泊っている小屋のドアを氷漬けにして閉じ込める
  • セレナが「実は男」だと噂を街中に流す
  • 公衆の面前でセレナのスカートをめくり、その状態のまま「バインド」で縛り付ける

これらの妨害により、セレナの堪忍袋の緒が完全に切れます。

カズマを傀儡にする

切れたセレナはカズマに報復するべく、傀儡化させた従者を率いてカズマの前に現れます。ですが一緒にアクアやバニルも居たことで上手くいかず、結局は諦めて魔王の城へと帰ろうとします。

しかし最後にセレナが、「めぐみんに掛かっている懸賞金を廃止すること」や「魔王軍がカズマのパーティーを狙うことを辞めること」を手配すると告げた時に、カズマはセレナに感謝してしまいます。

それによりカズマはセレナの傀儡となり、カズマはパーティーを抜けてセレナに付いていくことになりました。

傀儡のカズマとの日々

カズマを傀儡化したセレナでしたが、ここからセレナの地獄が始まります。

傀儡としてセレナの配下となったカズマでしたが、セレナがカズマを傀儡化した時に言った「我慢するのを辞めろ」という命令に従い、わがまま放題な生活を送ることとなります。

カズマはセレナに受けた借りを返してしまうと傀儡の効果が弱くなってしまうことを逆手に取り、カズマは何かセレナに要求されるたびにその代償を求めるようになってしまいました。

主にカズマからのセクハラが主で、勝手に胸を揉まれたり、カズマに豪勢な食事を用意するためセレナがお金を稼ぎに行ったりなど散々な目に合うことになります。

傀儡を解除

これ以上カズマを配下として置いておくことに限界を感じたセレナは、カズマをアクア達の下へ返すことにします。

そしてバニルから入手していた「傀儡化を解除するポーション」を使用して、カズマはセレナからの傀儡を解かれて正気に戻ることになりました。

カズマと共にレベル1に

傀儡化を解かれたカズマは、セレナに対しての処遇をどうするか考えます。

そしてカズマはバニルから貰っていた「レベルリセットポーション」の存在を思い出します。そしてカズマはセレナにそのポーションを掛け、復讐の加護を受けたカズマも一緒にレベル1からやり直すことになりました。

その後、セレナは警察に突き出され、王都の監獄へ移送されることになります。

アクシス教とへ入信

刑務所から脱出したセレナは魔王の城へと帰還する途中、偶然にもアクシス教を連れたカズマたちと遭遇します。

アクアのことを悪く言ったセレナは、近くに居たアクシス信者に吊るされることとなり、カズマはその状況を助ける為にある取引します。

それをのんだセレナは魔王軍に関しての情報を全てカズマに吐き、その後カズマから一枚の紙を受け渡されます。

それはアクシス教への入信書であり、セレナは泣きながらその紙にサインをして助かることになりました。

【このすば】セレナ:まとめ

以上、セレナについてでした。

セレナは魔王軍幹部の中でも本当に悲惨な目に合うことになりましたね。逆に可哀想になってきました…w

ただ魔王軍の中でもセレナは一番の厄介な相手でもありました。ダメージが自分に帰って来る復讐の加護を持っており、いつものように『エクスプロ―ジョン』で倒すことはできません。

それを利用してアクセルの街の住民を支配していくという戦い方のセレナはずるがしこいですね。

ただやっぱり最後はカズマが予想外の行動でなんとかしていく所はカッコよかったですし面白かったですね。

セレナの登場は原作の14~16巻なので、良かったら読んで見てください。

電子書籍サービス「ebookjapan」がお得過ぎてヤバい!!
漫画を手軽に読みたい時に利用する電子書籍サービスは、いつでもどこでも読めて便利ですよね。電子書籍サービスはたくさんあって何を選ぶか迷うと思いますが、そんな数ある電子書籍サービスの中でも「ebookjapan」はご存じでしょうか?ebookjapanは電子書籍サービスの中でも、ポイントやキャンペーンが充実しており、他のサービスと比べてもかなりお得に利用することができます!その還元率は最大70%です!今回はそんなebookjapanを最大限お得に利用するにはどうすれば良いのかについてまとめていきます。
動画配信サービスのおすすめは?最高に使いやすいサービスはコレ!
いつでも好きな時間に動画を楽しむことができる動画配信サービス(VOD)は便利ですよね。しかし世の中にはたくさんの動画配信サービスがあるので、どれが良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は動画配信サービスを選ぶべきポイントや結局のところどれが良いのかについて解説していきたいと思います。
電子書籍サービスのおすすめは?漫画やライトノベルを読むならコレ!
スマホでいつでもどこでも手軽に本を読むことができる電子書籍サービス。近年では利用している人も増えていますが、今まで書籍でしか本を読んでこなかった人には少し触れにくいかもしれませんね。そこで今回は、電子書籍サービスを利用しようと思っている人に向けて、数ある電子書籍サービスの中あなたに合ったおすすめの電子書籍サービスをご紹介していきます。
スポンサーリンク

コメント