【探偵はもう死んでいる】ミアの正体は?巫女としての力とは⁉

探偵はもう、死んでいる。
オレンジ
オレンジ

どうもオレンジです。

「たんもし」こと「探偵はもう、死んでいる。」に登場するミア・ウィットロックについて解説します。

ミアは《調律者》の中では《巫女》としての役職があり、シエスタとも親交があります。そんなミアの《巫女》としての能力やシエスタとの関係などについてまとめていきます。

「探偵はもう、死んでいる。」のまとめページはコチラ

注意

・ここからはネタバレを含むのでご注意ください!

スポンサーリンク

【探偵はもう死んでいる】ミアの正体

プロフィール

本名 ミア・ウィットロック
年齢 16歳
国籍 イギリス
趣味 オンラインゲーム
苦手なこと 外出、運動
長い蒼髪が特徴な少女で、いかにも大人しそうな見た目をしています。
基本的に外には出歩かず、引きこもった生活をしています。外にも出たがらないので体力もなく、オンラインゲームをしていることが多いです。

調律者であり役職は《巫女》

ミア・ウィットロックは調律者であり、役職は《巫女》を担当しています。

その力は未来予知であり、幼い時に能力が覚醒しました。未来予知と言ってもあくまで世界の危機予知するという者であり、誰か特定の人物などの未来は見通すことは不可能です。

この力を持つ人間は、世界で同時に一人しか存在しなく、その人物が死ぬとその瞬間、能力は別の誰かへと宿るようになっています。なので代々《巫女》という存在は歴史の中で生まれ変わっており、今回はミアが《巫女》として役目を果たしています。

最終的な未来は世界の終焉バッドエンド

ミアが視る、世界の最終的な未来の行きつく先は世界の崩壊です。
ミアは世界の危機を視とおすことができますが、次々と新たな敵がやって来る未来を視ています。そんな絶望する未来を視続けた結果、ミアは希望を失っていました。
そしてあくまでミアは世界が終焉を迎えるまで役目を果たし、過度な期待はしないようにしています。

《聖典》を記すことを役目としている

ミアの役目は、《聖典》という本を記すことです。

《聖典》とは未来におこる出来事が記されており、《第一級秘蔵物》として扱われています。《聖典》を勝手に見た者は抹殺される対象となるほどです。

ミアの未来予知は、ふいに脳裏にイメージとして降りてくるようで、ほとんど無意識のうちに言語化して紙にその内容を書き記します。

スポンサーリンク

【探偵はもう死んでいる】ミアの過去

ミアが調律者となるまでの過去を見ていきます。

未来予知の能力に目覚める

ミアはまだ6歳ぐらいの幼い時に、とある自然災害が近々起こることをうわ言のように呟きだします。さらに大規模なテロや、悪人の命の危機をも予言し始め、それを聞いた両親はミアのことを――神の子として知られるようになります。

宗教団体を作り上げる

ミアの能力に目をつけた両親は自分の子供を神の子として崇め、宗教団体を作り上げ、お金儲けを始めました。

しかしミアの能力はあくまで世界の危機を予知するものである為、たとえば信者一人の未来を占うことは不可能です。そこで両親は度々、紙のお告げを捏造して信者からお金を巻き上げていきました。

まだ幼かったミアは両親の悪事に反対したものの、その度に両親はミアを殴り、地下牢へと閉じ込められるようになります。

全てを失う

そんな日常は、ある日最悪な形で終焉を迎えます。

それは、嘘の予言に騙されて大金を失った信者が、その恨みからミアの住む家に火をつけます!そうしてその炎は瞬く間にミアの両親を包み込み両親は焼け死んでしまいます。

ミア自身は地下牢へと閉じ込められていたため火から逃れ、無事助かりましたが、家族を失い一人絶望することとなりました。

シエスタに保護される

両親がいなくなり、宗教団体も解散となり身寄りのいなくなったミアは孤児の施設へと連れられます。しかしそこは孤児を保護するという施設ではなく、特殊な能力を持つミアを監視するための施設でした。

いずれは殺処分も受け入れていたミアでしたが、ここでシエスタが施設に乗り込んでミアを保護します。そしてシエスタに助けられたミアは、シエスタ共に世界の敵と戦うことを決めます!

その後は、時計塔にてミアは《聖典》を書き続け、調律者の《巫女》として活動するようになりました。

スポンサーリンク

【探偵はもう死んでいる】ミアとシエスタとの関係

ミアとシエスタの関係についてまとめます。

元々は《怪盗》によって助けられるはずだった

ミアが施設へと送り込まれた後、本来であれば調律者である《怪盗》がミアを保護する役目を担っていました。しかしシエスタは《怪盗》のことを信用しておらず、《怪盗》に代わってシエスタがミアを救い出します。

《怪盗》は、調律者の中でも唯一、明確に連邦憲章に違反した裏切り者です。現在はとある大罪を犯して地下深くに幽閉されています。シエスタはその危険性にいち早く気づき、自らの手でミアを保護しました。

シエスタのことはセンパイと呼ぶ関係

ミアはシエスタのことをセンパイと呼んでおり、尊敬もしています。

施設から助けられたミアは、以前は宗教団体で多くの人の人生を壊してしまった償いとして、未来予知の能力がきちんと活かしてもらえる環境に誇りを持っていました!

そしてその景色を見せてくれたシエスタには感謝もしており、恩人でもありました。

シードを倒すための計画に協力していた

シエスタはシードを倒すために自らが犠牲となることを計画していました。

ミアは当然それには反対していましたが、シエスタが最後まで生きることを諦めないよう約束してその計画に協力します。

しかし結果シエスタは死亡してしまい、ミアは恩人を救えなかったことに後悔をします。そして残されたミアはシエスタから任された《聖典》という仕事だけを果たすようになります。

【探偵はもう死んでいる】ミア:まとめ

以上ミア・ウィットロックについてまとめます。

  • ミアの正体は調律者であり、役職は《巫女》
  • 能力は未来予知で、世界の危機を予知することができる
  • 《聖典》を記すことが役目
  • 過去では両親によって宗教団体の神の子として崇められていた
  • シエスタによって助けられ、調律者となった
  • シエスタのことは恩人であり、尊敬するセンパイでもある

ミアの持つ未来予知の能力は完璧ではなく、特異点である君塚君彦によって未来が変わることがあります。ミアはそんな特異点である君塚に協力し、未来を変えることを望んでいます。

現時点ではミアに関してまだまだ分からないことも多いので分かり次第追記していきます。

「探偵はもう、死んでいる。」のまとめページはコチラ

主人公サイド

君塚君彦

シエスタ

夏凪渚

斎川唯

シャーロット・有坂・アンダーソン

SPES

シード

ヘル

コウモリ 

調律者

シエスタ

加瀬風靡

スカーレット

スティーブン・ブルーフィールド

リローデット

ミア・ウィットロック

*合わせて読みたい
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました