【探偵はもう死んでいる】加瀬風靡の正体は?世界を暗躍する存在⁉

探偵はもう、死んでいる。
オレンジ
オレンジ

どうもオレンジです。

「たんもし」こと「探偵はもう、死んでいる。」に登場する加瀬風靡について解説します!

警察官として君彦やシエスタとも深く関わりがある人物ですが、その正体は一体何なのでしょうか?そんな加瀬風靡についてまとめていきます!

「探偵はもう、死んでいる。」のまとめページはコチラ

注意

・ここからはネタバレを含むのでご注意ください!

スポンサーリンク

【探偵はもう死んでいる】加瀬風靡について

プロフィール

本名 加瀬風靡
年齢 28歳
職業 警察官
赤毛のポニーテールが特徴の女刑事です。シエスタや君彦にも深く関りのある人物です。
常にタバコや葉巻をふかしており、本人は禁煙したいと思っていますがいつも失敗しています。

シエスタと君彦との関係

シエスタとは面識があったようで、風靡はシエスタに頼まれハイジャック事件の犯人であるコウモリを秘密裏に刑務所へと匿っています。

君彦の“巻き込まれ体質”によって事件にいつもいる君彦のことを疑っていますが、それとなく気に掛けるところもあり案外優しい所もあります。

スポンサーリンク

【探偵はもう死んでいる】加瀬風靡の正体

加瀬風靡の正体について解説します。

正体は調律者の一人

風靡は、世界の危機を防ぐために存在する12名しかいない秘密組織の調律者の一人です!

役職は《暗殺者》であり、警察官は仮の姿です。調律者として身を隠し、世を欺き、敵を殺すのが本当の仕事でした!

その為、風靡も《SPES》を敵とみなしており、シエスタに協力もしていました!

シャルの上司

風靡は暗殺者としてシャルを部下に持っています。

シャルはもともとシエスタを暗殺するために送られたエージェントでしたが、シエスタに敗れその後はシエスタの紹介で風靡の部下となりました。

スポンサーリンク

【探偵はもう死んでいる】君塚たちと対立することに

君彦たちには協力的だった風靡ですが、あることで対立が始まります!

斎川を暗殺しようとする

風靡の目的は《SPES》を殲滅することです。

なので同じ調律者の《名探偵》であるシエスタとよく協力をしていました。しかしシエスタ亡き後、シードが動くにつれて余裕がなくなり、シードの目的である斎川唯の暗殺を試みます!

風靡は斎川が死ねば、シードは適合する器を失い滅びると推察していました。

君彦たちに阻止される

風靡はシャルを使い、斎川の暗殺を試みましたが、シャルは斎川を裏切ることが出来なく対立することなります。シャルが使い物にならないと知った風靡は自らが斎川を殺すために出向きますが、夏凪や君彦に阻止されます!

風靡の実力はかなり強かったですが、君彦は自分の身体に《カメレオンの種》を取り込み、夏凪はヘルの能力である言霊を使用して風靡に勝利しました。

最終的には君彦たちに協力する

本来は《SPES》を倒すのは《名探偵》の使命であり、同じ調律者の《暗殺者》でもそれに手を貸すことは本来は許されていません。シエスタが亡き時は、風靡はシードの殲滅に手を貸していましたが、シエスタが蘇り風靡は《SPES》を倒す使命からは離れます。

しかし完全に使命からは離れてはいなく尻ぬぐいをすると形で結局は協力してくれました。

【探偵はもう死んでいる】加瀬風靡:まとめ

以上加瀬風靡についてまとめます!

  • 警察官は仮の姿で、加瀬風靡の正体は調律者であり役職は《暗殺者》
  • シャルの上司として活動している
  • 斎川の暗殺を試みるが失敗する
  • 最終的は君彦たちに協力する
オレンジ
オレンジ

風靡さんは大人の女性として魅力的ですね。しかし男の影はないようで、斎川にも心配されていました。調律者という役職上大変なのかもしれませんね。

「探偵はもう、死んでいる。」のまとめページはコチラ

主人公サイド

君塚君彦

シエスタ

夏凪渚

斎川唯

シャーロット・有坂・アンダーソン

SPES

シード

ヘル

コウモリ 

調律者

シエスタ

加瀬風靡

スカーレット

スティーブン・ブルーフィールド

リローデット

ミア・ウィットロック

*合わせて読みたい
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました