【探偵はもう死んでいる】アニメ6話ネタバレ・感想!アリシア登場!

探偵はもう、死んでいる。
オレンジ
オレンジ

どうもオレンジです。

「たんもし」こと「探偵はもう、死んでいる。」アニメ6話のネタバレ・感想をしていきます!

前回は過去編ということで、シエスタと君塚のが過去に《SPES》での幹部ヘルとの戦いが描かれました!ロボットに乗っって現れたシエスタとヘルとの決着はどうなるのでしょうか⁉

前回アニメ5話ネタバレ・感想➡アニメ5話ネタバレ・感想!過去編突入!

「探偵はもう、死んでいる。」のまとめページはコチラ

注意

・ここからはネタバレを含むのでご注意ください!

スポンサーリンク

【探偵はもう死んでいる】アニメ6話ネタバレ・感想

前回ロボットで登場したシエスタ!

シエスタは君彦をロボットの乗せ、ヘルと生物兵器であるペテルギウスと相対します!

オレンジ
オレンジ

いつの間にロボアニメになったのか…

オレンジ
オレンジ

君彦のポジションが羨ましい!

ヘルとシエスタは既に知り合いなようで、ヘルは運命だからと言ってテロを行うことを辞めず、二人は戦うことになります!

オレンジ
オレンジ

完全にロボアニメ!

ヘルは剣をシエスタの乗るロボに突き刺し動きを止めます!

去っていくヘルに対し、シエスタはロボを空中に飛ばし、君彦をコクピットから脱出させます!

シエスタは君彦に「今から何があってもこの場を離れてね」と告げ、ヘルとペテルギウスにロボごと突撃しました!

ヘルとシエスタはロボとペテルギウスごと爆発にのまれます!

君彦はシエスタの下へと駆けつけ、シエスタの無事を確認しに行きます!

シエスタは無事であり、君彦は危険な真似をしたシエスタに抱き着き、そして叱ります!

オレンジ
オレンジ

完全なプロポーズでしたね!

そしてシエスタは君彦を置いて先に染むようなことはしないと約束をします。

そこに生き残っていたヘルが現れ、シエスタを殺すためにまたあの紅い目でシエスタに「キミはそこから一歩も動けずボクに貫かれる」と呟き、シエスタに剣を持って向かいます!

しかしシエスタはそれを読んでいたようで、鏡でヘルを映して能力をヘル自身に移しました!

オレンジ
オレンジ

ヘルはギアス持ちなのかな…

ヘルはシエスタにトドメを刺されそうになりますが、最後「カメレオン!」と叫び、姿が消えます!

シエスタは新たな人造人間の能力であると言っていましたが、シエスタも限界だったようでその場で倒れてしまい、ヘルを逃してしましました。

そして数日が経ち、シエスタは爆発の影響で足に全治2週間ほどの怪我を負ってしまい、自宅にて君彦と療養中になります。

オレンジ
オレンジ

完全に同棲生活ですね

君彦はシエスタのために甘いリンゴを買いに行くと、帰り道なんと幼女を拾います。

オレンジ
オレンジ

これは完全に犯罪ですね

幼女の名前はアリシアと言い、記憶がなく迷子でもありました。ただ今年で17歳ということしか分からないようです。

オレンジ
オレンジ

絶対に17歳じゃないですね

とりあえず君彦はアリシアを警察に届けようとしますが、突如雨が降ってしまい自宅に行くことにします!

自宅に戻り、アリシア連れて戻った君彦をシエスタは見て「ロリコン」とだけ言い軽蔑をしました。

オレンジ
オレンジ

シエスタは間違ってないですね

そしてとりあえず事情を聞いたシエスタは、アリシアに衣食住の提供をする代わりにシエスタが療養中の間、探偵の代行をするように頼みます!

そこに最後、加瀬風靡が君彦とシエスタの前に現れます!風靡は再び《ジャック・ザ・リッパ―事件》が起こっていると告げに来ます!

心臓狩りの被害者が出ており、シエスタはヘルの仕業であると確信します!そして風靡は《SPES》を追い詰めるのに役立つ情報として《サファイアの眼》という物があるシエスタに教えました!

オレンジ
オレンジ

《サファイアの眼》は斎川の眼のことですよね…

スポンサーリンク

【探偵はもう死んでいる】アニメ6話ネタバレ・感想:まとめ

以上「探偵はもう、死んでいる。」アニメ6話でした。

今回はシエスタと君彦の関係性が非常によく描かれていましたね!君彦がどれだけシエスタことを大切に想っているのかがよく伝わりました!

ヘルの今後の動向や、新たなキャラであるアリシアの存在も気になりますね!また「サファイアの眼」は斎川の義眼のことなので何かしら関係がありそうです!

「探偵はもう、死んでいる。」のまとめページはコチラ

主人公サイド

君塚君彦

シエスタ

夏凪渚

斎川唯

シャーロット・有坂・アンダーソン

SPES

シード

ヘル

コウモリ 

調律者

シエスタ

加瀬風靡

スカーレット

スティーブン・ブルーフィールド

リローデット

ミア・ウィットロック

*合わせて読みたい
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました