【蜘蛛ですが、なにか】アニメ19話のネタバレ・感想!エルフの里編へ!

蜘蛛ですが、なにか?
オレンジ
オレンジ

どうもオレンジです。

「蜘蛛ですが、なにか?」アニメ19話のネタバレ・感想をしていきます。

前回は、神言教の教皇であるダスティンやエルフの長のポティマスなど裏で動いていそうなキャラが登場しました!

一方蜘蛛子は、子供を治療たことで町の人から崇められることになってしまいましたが、今後はどうなるのでしょうか?

前回→アニメ18話のネタバレ・感想!

「蜘蛛ですが、なにか?」のまとめページはコチラ

スポンサーリンク

【蜘蛛ですが、なにか?】アニメ19話の感想・ネタバレ

街の人から「神獣」と崇められる蜘蛛子は、町の人からいろいろと話しかけられます。そしてパワースポット的存在となり、グッズにもなるほどです!

しかし蜘蛛子はあることに気づきます!それは蜘蛛子は今までボッチであったことと前世でもボッチだったことで人とコミュニケーションをとることが苦手だということです。

オレンジ
オレンジ

まぁでも言葉話せないですしね。

ここからは人間パートとなります!

エルフの里へ着いたシュン達はいきなりエルフの兵士に囲まれることになります!

先生が兵士にシュン達のことを説明しますが、里への入国は許可出来ないとのことでした!

ですがそこにエルフの長であり、死んだはずのポティマスが登場します!

オレンジ
オレンジ

生きてるんかい!

どうやら死を回避する方法はいくらでもあるとのことです。

ポティマスによってシュン達はエルフの里への入国を許可されます。そしてエルフの里へ歓迎されることとなり、帝国軍の情報を提供したり、エルフの里で暮らすための家も用意してくれます。

まるでシュン達が来ることを知っていたような対応であった為に、シュン達はポティマスを疑い、そしてその子供である先生のことも怪しく思うこととなります。

そして後日、シュン達はエルフの里に匿われている転生者達に会いに行くこととします!転生者達はエルフの里から少し離れたところで暮らしており、しかも自給自足の生活をしているようです。

そしてついにシュン達はこの世界に転生してしまった他の転生者と会うことになります!

互いに自己紹介も終えた時に、そこで暮らしている転生者達は先生であるフィリメスに対しては冷たい態度であることにシュン達は気づきます。先生もせっかくの転生者達の出会いを邪魔したくないとのことで去っていきました。

どうやら先生は転生者を無理やり拉致したり、お金で買ったりしてエルフの里に連れてきたようです。そして物資の補給以外ほとんど接触もなく、まるで監禁されてるようで先生を信用していないとのことです。

オレンジ
オレンジ

転生者を集めることが狙いなんでしょうか?

先生の狙いがまだよく分かりませんね。

そしてシュン達は旧友を深め、まだ見つかっていないかつてはシュンの親友だった「笹島京也」のことを思いだし人間パートが終わります。

ここからは15年前のソフィアパートに入ります。

まだ赤ん坊のソフィアは、街に住み着いた魔物(蜘蛛子)が神獣として崇められていることを知ります。

するとそこにまたエルフの族長のポティマスが登場します!

どうやら崇められている神獣を拝見しにケレン領へと来ました。そしてポティマスはソフィアを見て小さな声であることを言います。

なるほど、あの蜘蛛はアリエルが転生者につけた護衛か…

オレンジ
オレンジ

どうやらポティマスは転生者を狙っているようですね。

ここからは蜘蛛子パートに戻ります。

叡智」によって蜘蛛子はマザーのこと調べてみます。するとマザーのステータスが平均6000少しと下がっていることに気づきます!元が2万あったのが7割ほど減っています!

オレンジ
オレンジ

どうやら「並列意思」達が弱体化させていたようです。

そして蜘蛛子は早速マザーを倒しに行くことを決め、「転移」にてエルロー大迷宮へ行きます!

弱体化しているマザーを舐めてかかった蜘蛛子は、既に蜘蛛の糸で罠を張っていたマザーに一瞬でやられまた生首状態になってしまいます!

オレンジ
オレンジ

マザーやっぱり強い!!

舐めてかかった蜘蛛子は反省しましたが、諦めずに最後に一矢報いようとします!!すると今まで音信不通だった「並列意思」から連絡が入ります!

それは「並列意思」が今までマザーを精神攻撃して得たマザーのステータスを蜘蛛子に還元できるとのことでした!

そしてマザーの力を得た蜘蛛子は体も基に戻り、ステータスが大幅に上がります!そして強くなった蜘蛛子は一瞬にしてマザーを倒します!

オレンジ
オレンジ

最後は口からのブレスでマザーを滅ぼしました!

そして蜘蛛子は体担当である「並列意思」が魔王の下へ行ってしまったことを知ります!「体担当」は魔王へ精神攻撃をしにいったとのことですが、こちらに戻ってこれなくなったようで蜘蛛子は「体担当」に心で別れを告げました。

最後は魔王のパートです。

 

15年前の魔王はエルロー大迷宮にてマザーが蜘蛛子に倒されたことを知り激怒します!既に「転移」でいなくなっていた蜘蛛子を今度こそ殺すことを決意していると魔王の前に龍が話しかけてきます!

オレンジ
オレンジ

龍喋れるんですね…

龍曰く、魔王のことは知っているようで、アラバを倒した強敵の蜘蛛子を認めるように魔王に説得をしています。しかし魔王は機嫌が悪いので龍の言うことは効かず、一瞬にしてその龍を葬り去り19話が終わります。

スポンサーリンク

【蜘蛛ですが、なにか?】アニメ19話感想・ネタバレ!:まとめ

そしてついにマザーを倒した蜘蛛子の次に立ちはばかるのは魔王のようですね!個人的にはマザーとの戦闘が結構省かれているなと感じましたね。本来はもうちょっとマザーとは激戦を繰り広げていました。

そして今回はいっぱい転生者が登場しました!

まだ見つかっていない転生者もいるようですが今後はどのように登場するのでしょうか⁉また先生とポティマスの目的も気になりますね。

「蜘蛛ですが、なにか?」のまとめページはコチラ

\アニメを見逃した方は/
配信サービス 配信状況 無料期間
31日間無料
「SAO」や「俺ガイル」などの人気作も見れる!!無料期間内なら全て無料!
*合わせて読みたい!
スポンサーリンク

コメント

  1. ポティの正体はMAエネルギーを最初に使った狂科学者 より:

    先生の目的は転生者の保護で善意からの行動です
    先生の特典スキルは転生者の生死と未来の死因がわかるスキルですから
    転生者のほとんどが子どものうちに命を落とす事を知った 先生は最初の犠牲者が出た時に覚悟を決めより多くの転生者(元生徒)を生かす為に行動する

    岡ちゃんは登場した転生者の中では1,2を争う不憫キャラ 
    ポティマスの目的 むしろこっちがやばい 転生者の命を使った とある外道な実験 を培養中のスペアボディの一体(岡ちゃん)から話を聞き思い付き 岡ちゃんを転生者採集の実行者にします その際せっかくモルモットがこちら世界に汚染されないようにスキルをできるだけ取らせないようにしています

    • オレンジ オレンジ より:

      詳しい説明していただきありがとうございます!

      確かにポティマスの目的はヤバいですね!

タイトルとURLをコピーしました