【よう実】2年生編4巻で伏線を考察してみた!一之瀬の告白の行方は…

ようこそ実力主義の教室へ
オレンジ
オレンジ

どうもオレンジです。

「よう実」こと「ようこそ実力至上主義の教室へ」2年生編の4巻無人島サバイバル試験で新たにできた伏線や謎を考察していきたいと思います!

ホワイトルーム生の存在は明らかになりましたが、それでもまだいろいろと明らかになっていないことが多くあります。

ここからはネタバレを含むのでご注意ください!

スポンサーリンク

【よう実】ホワイトルーム生について

今巻ではずっと謎だったホワイトルーム生の正体がついに分かりました!

ホワイトルーム生の正体は『天沢一夏』

ホワイトルーム生の正体は「天沢一夏」でした。

天沢は綾小路に自白するという形で正体を明かしましたね!

天沢の口からホワイトルーム生でないと分からないようなことも述べられていたので天沢がホワイトルーム生であることはほとんど確定となりました!

とはいっても何故このタイミングで自白したのかは謎です。

小宮を突き落としたのは天沢?

3巻で小宮を突き落とした犯人ですが、七瀬が近くに居た影を追った先に見たものは天沢の姿でした。

ただこれはもし犯人がホワイトルーム生であるならばここで姿を見られるようなことはしないはずなので天沢が犯人である可能性は低いと思われます。

おそらくですが、誰かに協力していたのではないかと思われます。

天沢の狙いは?

天沢は綾小路に対して「私は綾小路先輩の敵じゃない」と言っていましたね。

これは天沢自体は綾小路に対して一種の愛情を持っているようなことが描かれており味方になりたいと思っているようですが、綾小路よりも深い関係の誰かと繋がっているような気がします!

『天沢一夏の独白』では、

本当は味方してあげたいんだけど、そうもいかないんだよ。

付き合いの長さでは言ったら、付き合いの長さで言ったら先輩なんかよりもずっとずっと長いから、さ。

とあります。

このことから天沢と一緒にずっと長い間居た 別のホワイトルーム生がいる可能性があります!

なので天沢はこのもう一人のホワイトルーム生と協力関係であると思われます!

スポンサーリンク

【よう実】1年生達の謎

今回1年生達で怪しい動きが多くありました!

各生徒での怪しい動きを見てみましょう!

椿桜子

椿は今回1年生の中で優秀だということが分かりました!

表抜きでは宇都宮を動かしていましたが、全ては椿の指示だったそうです!

椿は1年生を救出するために2。3年生の単独チームを潰す計画を立て綾小路の退学を狙っていました。ですが、結果は綾小路に読まれ坂柳に対策をされてしまいました。

椿は初めから計画が通用しないとどこかで感じており、結束のない1年生を使うべきでなく個人で動くべきだったと椿は後悔しています。

また椿は学校に未練がなくいつ退学になってもいいと考えており、なぜそう思っているのかは不明です。

学校に未練がない椿ですが、椿がもう一人のホワイトルーム生という可能性は低いと思います。

もしホワイトルーム生なら今回の綾小路を退学にさせる計画は坂柳には止められないぐらいの計画でなければいけないと思いますし、既に天沢というホワイトルーム生が判明した以上もう一人のホワイトルーム生も女性というのもないかと…

宇都宮陸

宇都宮は椿の計画中に単独で行動しています。そして椿の計画を誰かに流していたようでした!

トランシーバーでの会話では椿の計画を邪魔していたかったようが、狙いは何なのでしょうか!?

考察では、宇都宮は椿を退学にしたくなかったから情報を流したのではないかと思います!流した相手は本当に裏で1年生を動かしているホワイトルーム生の可能性が高いです!

また宇都宮の身体能力は高く、宝仙に負けないほどの力を持っていると思われます!なぜそこまで鍛えていたのかは分かりません!

八神拓也

今回一番怪しかったのは八神です!

直接的な綾小路への動きはありませんでしたが、裏で誰かを操っているような感じでした。

椿の周りに居て椿を煽っていたいましたが、それは椿の力がどこまでなのかを見ていたようなにも見受けられましたね。

また八神は2回ほど腕時計を壊し、単独で行動しています!その時間で何をしていたかはまだ不明です。

ただ八神がもう一人のホワイトルーム生である可能性は低いのではないかと思います。なぜなら八神は櫛田と同じ中学校ということが分かっているのでホワイトルームへ関与はしていないのではないかと思います。もしくはホワイトルーム生に使われているのかもしれないですね。

スポンサーリンク

【よう実】堀北に手紙を出した人物

考察としては、月城が「I2」エリアで綾小路を退学に追い込むことを知っていた人物となり、一之瀬は綾小路に追いつくために必死だったのでそんな余裕はないですし、天沢は堀北が手紙を見せた反応から違うと思われます。

そうなるともう一人のホワイトルーム生の可能性が高くなりますね。天沢ともう一人のホワイトルーム生は繋がっているので知っていてもおかしくないです!

堀北を止める前に天沢が戦っていた人物に関しても、この手紙を出した人物が関わっていると思われるのでもう一人のホワイトルーム生であるのはほぼ確定だと思われます!

ただなぜそんなことをしたのかは謎ですね。天沢からは「どこまでゲームをするのが好きなんだか…」とのセリフがあったので遊び感覚で送ったのかもしれません。

【よう実】龍園と坂柳との約束

綾小路を助ける為に坂柳は龍園に協力を要請していましたが、当然龍園もタダで動くわけはないので何かしらの条件を出していたようです。

まずは金(プライベートポイント)ですね。どれぐらい支払ったのかは分かりませんが、坂柳グループは試験で3位になっていたのでそこそこ払えそうでもありますね。

そしてもう一つの約束として、坂柳はいつか龍園自身の首を絞めるようなことと言っています。

このことから龍園自身に何かしらデメリットがあるのかもしれません。おそらくですが葛城関連の約束ではと思われます。

坂柳を倒すために葛城をまたAクラスに戻したりとかですね。多分違うでしょうね…

【よう実】一之瀬の告白はどうなる?

今回一之瀬は自分の気持ちを抑えられずに綾小路に告白してしまいました!!

結果はまだ試験中ということもあったので保留となっていますがどうなるのでしょうか?

1年後の約束

一之瀬との恋愛を考えるにあたって1年生編の11.5巻で一之瀬と綾小路は1年後にまた二人きりで会う約束をしていました。

そしてその時に綾小路から「今伝えようと思っている言葉を、その時に伝えることを約束する」と言っています。

この時に思っている言葉とは恋愛に関してのことなのかは分かりませんが、何かしら綾小路なりに一之瀬のことを想っていることは確かですね。

ただ一之瀬と付き合うとなると、クラスが別である障害現在付き合っている軽井沢の問題があるので今回で付き合うことになることはないと思われます。

軽井沢とはどうなる?

綾小路と現在付き合っている軽井沢ですが、綾小路自身おそらく軽井沢のことが本当に好きであるとは思えないんですよね。

綾小路は恋愛というものを知らないので、それを学習するために軽井沢と付き合ったとされています。

恵はオレにとって異性という名の教科書。それを読み終えた時――それは『役目』を終えることになる。

とあったので、恵と付き合っていく中である程度経験をしたらその時は別れるのではと思います!

その時までに一之瀬が綾小路にとって特別な人間になっていれば、その時に軽井沢から一之瀬へと付き合うことになるでしょう!

【よう実】2年生編4巻で伏線を考察してみた!:まとめ

以上よう実2年生編の4巻の考察でした!

次回は4.5巻では豪華客船での夏休み編となります!

一応月城関連との戦いは終わりましたが、ホワイトルーム関係の話はまだ続くとあとがきでも記載されていました!また恋愛模様に関しても変化したりしなかったりだとか…

〇,5巻は基本的に日常回ですが、いつも濃い内容となっているので楽しみですね!!

「ようこそ実力至上主義の教室へ」のネタバレ・考察まとめ記事はコチラ↓

*【ようこそ実力至上主義の教室へ】合わせて読みたい!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました