【よう実考察】1年の椿桜子がホワイトルーム生の可能性は?

ようこそ実力主義の教室へ
オレンジ
オレンジ

どうもオレンジです。

「よう実」こと「ようこそ実力至上主義の教室へ」の新1年生の椿桜子についてまとめていきます。

綾小路を狙うホワイトルームからの刺客が1年生として入学してきましたが、椿がホワイトルーム生である可能性について考察していきます!

スポンサーリンク

【よう実】椿桜子のプロフィール

1年Cクラスに所属する見た目は少しギャルっぽい女子生徒です。

OAAを見る限りではそこまで学力と運動神経は共によくはないですね。なぜCクラスなのかも不明です。

まだまだ登場も少なくどのような人物なのかは分からないのですが、意外と頭脳系であると思われています。

スポンサーリンク

【よう実】椿桜子がホワイトルームの可能性を考察

では椿の今までの行動やホワイトルーム生の可能性についてまとめてみたいと思います。

椿の今までの行動

椿の初登場は2年生編1巻の1年生と2年生がパートナーを組んでテストに臨む特別試験でした。

綾小路はもしホワイトルーム生と組んでしまった場合は確実に退学となってしまうので慎重にパートナーを探していたころに椿と同じCクラスの宇都宮が綾小路に話しかけてきたのが初登場ですね。

パートナーをまだ組んでいなかった椿は、綾小路にパートナーを組んでほしいと宇都宮を連れて交渉してきました!もちろん綾小路は情報も少なく安易にパートナーを組めなかったので断ります。

この時の椿は綾小路と会話らしいことはほとんどしなく、基本的に宇都宮に任せていた感じでしたね。また椿がまだパートナーを組めていなかったのは単に誰にも相談しなくそのまま誰とも組めずに焦って宇都宮に相談をしたからだそうです。

オレンジ
オレンジ

ココだけ見ると単に学力の弱い生徒で、周りとのコミュニケーションはそこまで得意ではないのかと思われますね。

2年生編2巻での椿の登場はちょっとだけでした。綾小路に椿と宇都宮が宝仙について相談したことですね。

この時の椿はそこまで発言はしなかったですが、綾小路を退学にする1年生だけの特別試験に参加していたということが分かりました!また綾小路はこの時椿が頭脳派であることに気づきます!

オレンジ
オレンジ

一応手を引いたと言っていましたが、おそらくそんなことはないでしょう!

サバイバル編前半にて

ここで椿に少し動きがありました!

サバイバル試験中盤にて、1年生の主力面子を集合させたのが椿でした。1年の八神はなんとなく椿の行動について実はCクラスを裏で操っているのではないかと疑っていました。

それは的中し椿は綾小路の退学を狙って2000万のポイントも狙っていますし、さらには八神も実は綾小路を狙っていると見破り八神が持つ櫛田の過去の情報も引き出させました。

そして何より今まで一緒にいた宇都宮は椿に従って動いていたということも分かりましたね!

オレンジ
オレンジ

今までは実力を隠し実は一番の切れ者だったのかもしれません!!

ホワイトルーム生の可能性は?

ここまでの行動を見るとホワイトルーム生の可能性は十分にあると思います!2年生編3巻で実は有能だったことが分かってからはホワイトルーム生の可能性が一気に高まりました。

よう実の考察としても椿がホワイトルーム生と予想している方は多いです。

ですがまだまだ情報が少ないですね。

そして何よりも椿がホワイトルーム生だった場合としてはいささか安直すぎる気もします。一応ミスリード要因として七瀬がホワイトルーム生と見せかけて違かったということになっていますが、だからと言って椿になるのも少し安易な感じがします。

個人的には椿はホワイトルーム生ではないと思っています!

なぜならホワイトルーム生なら安易に綾小路に接触はしてこないと思いますし、綾小路を退学にさせた時の2000万プライベートポイントにはこだわっていないと思うからです。別にホワイトルーム生がいるとしたら1年Aクラスの天沢一夏かもしくはホワイトルーム生はまだ出てきていないというのが私自身の結論ですね。

スポンサーリンク

【よう実】椿桜子がホワイトルームの可能性を考察:まとめ

2年生編が始まってさらに面白くなってきた「よう実」ですが、サバイバル編でホワイトルーム生はどういった動きを見せてくれるのか非常に楽しみです!

サバイバル試験後半は2021年2月25日に発売なので是非読んで見てください!

また進捗があったら追記していきたいと思います!

他にも「よう実」に関して考察をしているのでこちらも読んでいてください!

【よう実】2年生編4巻の内容を考察してみた!ホワイトルーム生は誰?

【よう実考察】1年生の天沢一夏がホワイトルーム生の可能性は?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました